力を抜いてパッセ

おはようございます!TOMOAKIです。

 

昨日のブログを更新してから、またさらに皆さんの質問が具体的なモノになってきました!
そして最近増えてきたのが、「画像」を貼ってくれている人や、「動画」を送って具体的なアドバイスを求める人。
わかりやすくて大変答えやすいです
皆さんも、「実際に見て欲しい」って思ったら、画像や動画を送って下さいね!
なかなか全ての人に返すのは難しいですが、極力返しますので。

 
それでは今日の質問↓

〜質問させてください。中1女子です。パッセで脚を上げると、どうしても上げた脚が内側に入ってしまいます。5番は綺麗に入っているつもりなのですが、上げた瞬間に内側に入ってしまうんです。しかも高く水平に保とうとすると、余計に力が入ってしまいます。いい加減先生も注意してくれなくなってしまいました。
どうすれば綺麗に高くパッセができますか?教えて下さい。〜

 

そう言った場合、まずは感覚を変えてみましょう!
頑張って「上げよう!」「開こう!」と考えないようにして下さい。
パッセ(ルティレ)で上げる足は「開く」じゃなくて「抜き」ます!!
頑張って「開こう」と思うと、つい力が入ってしまい、軸足も動脚もインに入ってしまいます(汗)
力を抜いて足を開く為には股関節の柔軟性は大前提です。
たまにレッスンでやりますが、身体を仰向けに寝た状態や、座って足を前に伸ばした時に、小指が床につけばOK
赤ちゃんみたいな状態ですね!
「股関節の柔軟性」と言いましたが、普通に歩く事が出来るのなら股関節の柔軟性は十分あると思います。
アンディオールする為には、仙腸関節と腰仙関節を緩めると効果的です!
《仙腸関節…仙骨と腸骨の間の関節》
《腰仙関節…腰椎と仙骨の間の関節》
簡単に言いましたが、こんな所を「私は緩められる」なんて人は誰もいないと思います(笑)
そんな部分を自分の意識で操作できたら、何も苦労はしないですよね。
じゃー「緩める」にはどうしたらいいと思いますか?


「意識し続ける」しかないです!! 
仙骨に手を当てて下さい。

手を当てるだけでも仙骨が意識に上がり、ゆるませやすくなります。

ゆるむと、仙骨の先の尾骨が床につくような状態になり、骨盤が少し後傾ぎみになります。(タックインとは違います)
そうすると「小指が床につく状態」になります!
力を抜いた状態でアンディオールをする事が出来れば、ルティレ(パッセ)で上げた脚も力を抜く事でキレイに開くって事がわかってもらえると思います。
でも、立った状態で力を抜く為には、「身体が引き上がっている事」も大前提ですよね!!
脱力や力を抜くという事は、引き上げが出来ていないと出来ません(涙)
やはりバレエは「引き上げ」が最重要ポイントなんですね(^_−)−☆

 


スポンサーリンク