指導法の違い

こんにちは!TOMOAKIです。

 

今回は、娘のバレエを応援しているお母様からDMをいただきました。

 

〜はじめまして。
いつも、ためになるつぶやきで、バレエに関することだけではなく、心の持ち方など色々なことに繋がる教えを大変参考にしております。
実は相談に乗っていただきたいことがあります。
私は大人になってからバレエを始め、娘も4才から同じ教室でバレエを習っています。
〇〇県の田舎なので、地域にある教室は現在お世話になっている教室だけです。
先日、ワークショップを受講してきたのですが、保護者も見学可でしたので私も見学してきました。
その時の教え方の違いに大変ショックを受けました。
というのは、先生がレッスンの間中ずっと生徒達の悪いところをチョイチョイと直しながら見てまわっていることでした。
娘の場合だと、骨盤の位置や腕の位置などなど。
私達の教室の先生は、時には直してくださいますが、ほとんどは椅子に腰かけて言葉での注意です。注意が全くない日もあります。
他の教室の先生も、言葉と実際に触っての注意だったので、娘の踊りが変わったと実感した時期もありました。
前置きが長くなりましたが、バレエが好きで好きでしょうがない娘は、ワークショップに行く度に
「周りは上手な人がいっぱいだからもっとレッスンする」
と、落ち込むことなくレッスンしていますが、今の教室に通っている限り上達は見込めないのかなと、先生の指導の違いに悩みが出てきました。
長文ですみません、お時間のあるときで結構ですので、よろしくお願いしたします。〜
といただきました。

 

指導方法の違い….
どんなお教室も、先生の教育方針があると思いますし、そのやり方で集まっている会員の方々で運営が成り立っています。
僕の意見としては
もし、今のお教育に満足がいかないようであれば、教室は変えたほうがいいと思います。
先生に相談するのもいいと思います。

ただ、バレエが上手くなりたいのであれば、触ってくれたり、注意を沢山してくれるような先生がいいと思います。
バレエが好きで好きで仕方がない娘さんなら、どんなに厳しい教育でも、頑張ってやっていけると思いますし、娘さんの為にもなると思います!
勿論、質問者さんもね!
教室や先生選びは、本当に重要だと思いますし、その選択が、今後のバレエ人生を決めてしまう!とも、思います。
ゆっくり考えて、慎重に決めてほしいです。
たいした答えになってなくてすいません…



これからも、バレエ頑張って下さいね(^_−)−☆

 


スポンサーリンク