image

ピルエットボード

こんにちは!TOMOAKIです。

今回は、新体操をやっている女の子からの質問です。
バレエにおける身体の使い方は、新体操やフィギュアスケートにも共通する所が多いと思います。
なので、いろんな方がバレエを勉強するんですね。

さて質問に答えます。

こんにちは!
ツイートを見て質問することにしました!
新体操をやってるのですが、ターンの時にかかとをなるべくあげてやるようにいわれます。
ターンボードは足全体を置いてまわります。
軸を取る練習として、使ってますが
かかとをあげずに練習して、変なところに筋肉がついたりしないんですか?〜
と、いただきました!!

 

ターンボード(ピルエットボード)は本当に画期的な商品だなぁーと思います。
あのボードの目的は何なのでしょうか?
まず、あのボードを使うと、回転回数が増えますよね!
回転の質を上げる為に、
ボードを使った練習
ボードを外して練習
と、交互に練習することで、自然とピルエットに必要な
【感覚】
を、つかむ事ができます。
この、「感覚」がない状態では、何度練習しても、なかなか回れるようにはなりません。
ピルエットボードを使い、ボードから滑り落ちずにくるくると上手く回ることができた場所が
「正しい軸のポジション」
なので、練習を重ねるうちに軸の感覚を掴むことができます。
同時に、自分の力ではまだ回れない回転を体感できる事によって、ピルエットに必要な
「リズム感」
を、感じる事もできます。
まだまだあります!
クルクル勝手に回ってくれるので、意識を他に集中させる事もできます。
首をつける
アームス
膝を伸ばす
パッセを高く..
などなど。
普段、回ることに必死の人も、これらの事に意識を持っていく事ができますね
なんて素晴らしい商品!!
でも、なんと言っても
苦手意識の克服!!

が、このボードの目的じゃないかな?と、思います。


左回転が…
2回転しか…


と、回れないイメージ(苦手意識)が、本当に回れなくしてるんじゃないかな?


汚くても、何でも、

「5回転まわれた!!」

「7回転まわれた!!」


という、自信が大切で、細かい所は後から修正すればいいんです。

手足は修正出来ても、苦手意識は先生でも修正出来ません。


その苦手意識を修正出来るといった意味で、このボードを使えばいいと思います。




ただ回るだけのボードなので、変な筋肉?はつかないと思いますよ!!



でも、力みすぎて、変な所に力を入れてしまってれば別ですけどね。

このボードを使う時は、力を抜いて、リラックスした状態で回りましょうね(^_−)−☆



スポンサーリンク