image

骨格の問題なの?

おはようございます!TOMOAKIです。

 
糖質制限を始めてから約10日が経ちました。ほんの少しづつですが順調に体重は落ちています。痩せる事が目的ではないのですが、やっぱり体重が落ちてくると嬉しいですね!
「生活習慣を見直す為」に始めたダイエットですが、その目的は果たせたかな?と思えるくらい、夜に炭水化物を摂らない生活が当たり前になって来ました。
これはこれで続けて、また新しい事にチャレンジしてみようかな?

お盆初日はあいにくの雨模様ですが、今日も頑張っていきましょう!!

 
それでは今日の質問↓

 

〜おはようございます。
いつも、ツイッター等々拝見させて頂いています。
私は中3でバレエは8年ほどやっています。小学一年生の頃から楽しい習い事程度でやっていて、五年生の頃引っ越して新しいお教室に入ってから意識が変わり、たくさん練習するようになりました。
毎日ストレッチをするようにしていて、段々気になりだしたのですが、開脚が元々あまり柔らかくなく、
ストレッチバンドを使ったりじっくり時間をかけてストレッチすると開くのですが、わずか五分ほどでまた結構固くなってしまいます。これは、個人の骨格の違いによるものなのでしょうか?私の先輩の方も、元々股関節が固くバレエに不向きだと言われたそうですが、7年もの努力をして、今は先輩方の中でも1番柔らかいです。なので、私もTOMOAKIさんが仰っていたように、自分の骨格なんかのせいにして、自分に負けたくないので毎日股関節のストレッチをしているのですが、骨格などは努力で改善出来るのでしょうか?私は成長期でやっと今身長が伸び始めているので、骨なども変化するのかなと思い、質問させていただきました。長文失礼します。〜

 

 

 

 

じっくり時間をかけてストレッチすれば開くと言う事は、骨格の問題ではなく「筋肉が硬い」と言う事ですよね。
すぐに硬くなってしまう様に感じるのは、筋肉が頑張って伸びた為、軽い筋肉痛の様な状態なっているからだと思います。
頑張って伸ばした筋肉は今度は逆に縮めてあげましょう。

骨格の問題は周りの関係する筋肉達を「鍛える・柔らかくする」事である程度解決出来ると思います。
骨格が問題だと思っていても、実際は「筋肉が問題である」と言う事はよく聞く話です。
開脚もそうですが、何か出来ない時は、「何処がどう言う風に駄目なのか?」を考えてみましょう。

まだ成長期なので骨も変わってくると思います。歪んだ骨格にならない様に日々の生活にも注意して下さい。
そして高校生になると今度はお肉がついて来ます。沢山食べて正しい筋肉を鍛えられる様に、バーレッスンで正しい身体の使い方をマスターしておきましょう!

まだまだこれからです!頑張って下さいね(^_−)−☆


スポンサーリンク