image

踊りが重い

おはようございます!TOMOAKIです。

 

皆さんは自分の踊りを客観的に見た事はありますか?

発表会やコンクールなどで踊った時の動画を見ると、自分の踊りが「下手すぎる」や「全然身体が動いていないな」「脚の上げ方が汚いな」「身体のラインが汚いな」「音と合ってない」などなど、色々と思う事があると思います。

踊っている時は完璧に踊っている様に感じても、実際にその時の自分の踊りを見てみると「現実」を叩きつけられているみたいで、とてもショックを受ける事もありますよね。

ですが「現実を知る」と言った意味でも、自分の踊りを「客観的に見る」と言う事は、とても良い事だと僕は思います。自分の踊りの「問題点」や「今後の課題」と言うものが見えてきますので。

今日は、そんな「自分の踊りを客観的に見ているバレリーナ」からの質問に答えます。

 

それでは今日の質問

 

〜私の踊りは、なぜか重い印象があります。毎年発表会のビデオを見るたびに、残念な踊りだなぁと思うのです。

以下、思いつく私の特徴を書きます↓↓↓

踊り自体はしっかり覚えられるし、リズム感あり。

身体の特徴としては、背中とお腹が柔らかく反るのは得意。ても腹筋は弱め、股関節が右だけ硬い。

アキレス腱が硬く、プリエが苦手。でも甲はモデルになれそうなくらい出る。床を押す力も弱い。

太めではないが、胸とお尻がしっかりあり、よく言えば欧米人体型。筋肉質ではない。

なにか思い当たることがありましたら、是非教えてください!〜

 

引き上げが足りないのではないでしょうか?

重心を高くとり「気を抜くと空に飛んで行ってしまいそう」な位に引き上げを頑張って下さい。

腹筋が弱いと何をするにしても「重心が落ちやすい」です。

腹筋、腸腰筋を鍛えて身体が下に落っこちない様に下から支えてあげましょう。

「重い踊り」と直接関係は無いのかも知れませんが、アキレス腱や右の股関節が硬いと感じているなら、しっかりとストレッチで伸ばしておきましょう。

バレリーナな皆「筋肉質」です。

しっかりとトレーニングで身体を鍛えてあげましょう。

頑張って下さいね(^_−)


スポンサーリンク