IMG_6992

腹筋を使って脚を上げるって?

おはようございます!TOMOAKIです。

 

皆さんはレッスン中「腹筋で脚をもちあげて!」と言われた事はありませんか?
そもそも脚を上げる為に腹筋は必要なの?と思う人も多いと思います。
この腹筋さん。普段から鍛えている人でも、なかなか踊りの中で使う事は難しく「何か解らないけどとりあえず鍛えておこう…」と思っている人も少なくないと思います。
今日はそんな「腹筋」に関しての質問に答えます。

 

それでは今日の質問↓

 

〜Twitterいつも拝見してます!早速なんですが、腹筋を使って脚を上げるという感覚が理解できないのですがどうしたらいいですか?前ももとふくらはぎが筋肉で太くなってしまいました。日常生活から変えた方が良いのでしょうか?〜

 

 

なかなかこの「腹筋を使う感覚」って掴み辛いんですよね。解ります。
そんな方達に、腹筋(腸腰筋)の鍛え方と感じ方を教えます。

やってみて下さい。

①椅子に深く腰を掛けて座って下さい
(膝を90度に曲げて座る)

②その状態で膝を上に持ち上げます

脚の付け根部分が凄くキツイと思います。
その状態が、「腸腰筋を使って脚を持ち上げる状態」です。
脚が90度を超えた時に、使う筋肉が、太もも、内もも、ハムストリングスからこの「腸腰筋(腹筋)」にバトンタッチします。

例えばドゥバンに脚を上げる時、タンジュでしっかりと脚を骨盤から引き離し(内ももを使う為にはアンディオーディオール出来ている事が必要)足が浮く瞬間、足指の腹で地面を軽く押して上げます。
そうするとハムストリングスを使う事が出来るので、前もも(大腿四頭筋)にかかる負荷を抑えられます。
そして脚が90度を超えた辺りから、先ほどキツくなった筋肉(腹筋)で脚を持ち上げ支えます。
先程言った①と②をしっかりとやって、(腸腰筋)を使えるようにトレーニングしましょう。
しっかりと鍛えられ感じられるようになったら、普段のレッスンでも意識してみて下さい。
地道なトレーニングですが頑張って下さいね(^_−)−☆


スポンサーリンク