image

脚を細くしたいなら…


こんばんは!TOMOAKIです。

脚が太くて悩んでいるバレリーナさん、本当に多いですね。
「成長期なので仕方なく肉付きがいい」と言うのは置いといて、明らかに「筋肉で太ももがパンパン」になっている人は、日々のレッスンで筋肉をたくましく育ててしまっていると思います。

『脚を細くしたい….だから、前ももを使いたくない…』

と、皆さん思っているのではないでしょうか?
でも、1度ついてしまった「たくましい前もも」は、バレエの動きをする時に真っ先に動き出してしまい、なかなか「使わないようにする」と言う事が出来ないんですよね(涙)

なので、前もも使わないようにしたいのであれば《内ももで脚を動かす感覚を養う事》が重要になってきます。
ですが、普段から前ももばかり使っている人にとって「内ももを使う」と言う事はそう簡単にはいきません。
この「内もも」と言うのは「本当に使い辛い筋肉」なので、普段のレッスンでいきなり意識して動かそうと思っても全然動いてくれません。
だから皆さん苦労してるんですよね…
解決策があるとすれば、それは「内ももを鍛えて意識的に動かせるようにする事」だと思います。
もちろん「腹筋」や「足底筋」は皆さん鍛えていらっしゃると思いますので、それは引き続き頑張るとして、レッスン中に「前ももが…」と悩んでいる人は、プラスアルファで「内転筋のエクササイズ」を頑張ってみましょう。

内転筋のエクササイズは調べれば色々と出てくると思いますが、オーソドックスなものを書いておきます↓

【内転筋の鍛え方①】
1.床に横になる
2.下側の手で頭を支える
3.上側の手は前方の床へのばす
4.上側の脚をまげて下側の膝の前へ下ろす
5.下側の脚をゆっくり上げる
6.この状態で10秒キープ
7.下側の脚をゆっくり下ろす
8.向きを変えて1〜7を繰り返す
9.1〜8を3セット

『内転筋の鍛え方②】
1.椅子に座りバレーボール大のゴムボールを膝に挟む(タオルやクッションでも可)
2.ボールを潰すように膝を閉じ、限界のところで1秒間キープ
3.ゆっくり力を緩める
4.30回3セット
頑張って「美しい脚」を目指しましょう(^_−)−☆


スポンサーリンク