image

脚を横に上げる時…

おはようございます!TOMOAKIです。

 

いきなり寒くなりましたね!
レッスンをする時は怪我をしないように防寒対策をしっかりとしておきましょう。
ちなみに僕は暑いくらい着込んでレッスンをします。身体は「温まっている方がよく動く」ので。
日常生活でもバレリーナにとって「冷え」は天敵です。ミニスカートを履いてもインナーにホットパンツ。腰が冷えない様に腹巻き。
首か冷えない様にネックウォーマー。
バレリーナはそれくらいした方がいいと思います。冷えはむくみの原因にもなります。
身体を冷やさない様に注意しましょうね!

 

 

それでは今日の質問↓

 
〜相談なのですが、私は横のグランバットマンや、Y字バランスなどをするときに、腰が足につられてナナメに傾いてしまいます。おまけに軸足もナナメになったり、ぶれたりしてしまいます。こしは、床に平行のままで、あしを横に上げられるようになるために、なにかいいストレッチ法や、筋トレが、あったら教えて下さい。お願いします!〜

 

 

 
横に脚を上げる為にはしっかりとアンディオールが出来ている事が必須になります(なんでもそうですが…)。
しっかりアンディオールが出来ていないと大腿骨の大転子部分が骨盤に引っ掛かってしまい脚は上がりません。動脚側のアンディオールをしっかりと意識しましょう。
脚を横に高く上げると骨盤は傾斜します。骨盤を横に傾斜させると必然的に上体も傾きますが、肩と肋骨は出来るだけ水平を保てるように、腰椎と胸椎で長いカーブを作り肩を水平にします。
バランスを取る為に背骨は軸脚の土踏まず真上の垂直ラインから爪先寄りへずれて行きますが、この背骨が垂直ラインから出来るだけ大きく外れないようにする事が形を美しく見せるコツです。
上手く骨盤を傾ける為に股関節と骨盤周りを柔らかくしましょう。
手で支えて上がる角度までは脚は必ず上がるはずです。

ちなみに脚を横に上げた時、骨盤の位置が軸脚から大きくズレてしまう人は、バランスを取る為に間違った筋肉を使う事になります。要するに「その高さまで脚を上げるのは無理」だという事です。
脚を太くしない為に我慢して正確な位置で上げるるようにしましょう。

内ももとハムストリングス、足裏、腹筋を鍛えましょう。

足裏と内ももはタンジュを繰り返し行うと事で鍛える事が出来ます。正確に何度もやって下さい。
腹筋はフロントブリッジ。
ハムストリングスはオーソドックスですが以下の方法が1番いいと思います。
・足は肩幅に開く
・つま先を正面に向ける(外股、内股にならない)
・膝を曲げることより、腰を落とすことに意識を向ける
・曲げた膝がつま先より先に出ない
・しゃがむ時に息を吸い戻す時に息を吐く

頑張って下さいね(^_−)−☆


スポンサーリンク