脚を横に上げると脚の付け根が痛むと言う症状

おはようございます!TOMOAKIです。

 

ここ最近「いつもと同じ食生活をつづけていたら太らない」と思っていたので、食生活を変えずにいたら、少し太った?と言うか、少し身体がゆるくなった?ような気がしますね。

やっぱり年齢と共に身体は変化していくのかなと感じています。同じ質、量の食事をしても体型が崩れてしまうのは、基礎代謝が落ちたり、消化能力や吸収する能力が落ちてきたのだと思います。

ですので、食生活を見直そうと思います。

やっぱり、いつまでも「いい身体」でいたいですからね。

気持ちを引き締め直して身体作りを頑張っていきますね。皆さんも「いい体型の維持」の為に「食事管理」はしっかりとおこなって下さいね!

 

それでは今日の質問

 

〜こんにちは。アラスゴンについて相談したくて、ラインしました。

昔からなのですが、脚を手で持つとY字以上に上がるし、柔軟性もある方です。

しかし、脚を高く横に上げた状態でキープすることが苦手です。

キープする筋力がないのもあると思いますが、キープしようとすると、股関節の外側(脚の付け根の外側)に、骨が突っかかるような痛みが毎回生じます。そのため、痛くてキープできません。

この痛みが5年くらい前からずっと左右にあり、困っています。

そして、脚を下ろすときにコキコキと音が鳴ります。

この痛みの原因は何でしょうか。

また、痛みを軽減し、脚を高くキープするにはどうしたら良いでしょうか。

教えていただけると嬉しいです!〜

 

おそらく「大腿筋膜張筋(だいたいきんまくちょうきん)」という骨盤の前外側についている筋肉と、それを包んでいる筋膜が硬くなってしまっているからだと思われます。

脚を上げる時に、前ももや脚の付け根に力が入っていると、よくその様な痛みが出てきます。柔軟性はあるという事なので、問題は「身体の使い方」ですよね。

大腿筋膜張筋のストレッチ方法を書いておきますのでやってみて下さい。

①痛い方の脚を後ろに出してもう片側を前に出します

②体を前に脚を出している側に倒します

③痛気持ちいいくらいの張り感を感じたらそのまま1分位伸ばしてキープ

脚を横に上げる時に最も注意してほしい事があります。それは「アンディオール」です。軸脚も動脚も、このアンディオールがしっかりと出来ていないと脚は上がりません。アンディオールが出来ていない状態だと、使う筋肉が大きく変わってきてしまいます。

しっかりと脚を外旋させ、タンジュの段階からしっかりと「足裏」「内転筋」を使って身体を動かしましょう。脚が上がるにつれて『ハムストリングス」「腸腰筋」と、使う筋肉をバトンタッチさせていきます。

大腿筋膜張筋が痛むという事は「アンディオールが出来ていない」という事になります。

先ずはアンディオールですね!

頑張って下さいね(^_−)−☆


スポンサーリンク