image

肩の高さが左右で違う

おはようございます!TOMOAKIです。

冷たい雨の日が続きますね。完全に夏は終わったような気分です(涙)
夏が終わっても、イベントは盛りだくさんですよね。
近いイベント事と言えば「ハロウィン」じゃないでしょうか!
今年も仮装した人達が大量に渋谷辺りに出現するんでしょうね…
あれはあれで楽しいのだと思いますが、ゴミの問題が毎年取り上げられていますよね。
バレリーナの皆さんも、ハロウィンを楽しむのはいいと思いますが、ゴミはしっかりと持ち帰るようにしましょうね!

ではでは、今日の質問↓

〜こんにちは。質問なのですが、先日私は肩の高さが左右で少し違っていると指摘されました。
確かに力を抜いた状態で鏡を見ると、少し右肩が上がっていると思いました。元々の骨格の問題なのでしょうか?何か対策などがあれば教えて頂きたく思い質問させて頂きました。お時間ある時で構いませんので、お返事頂ければ幸いです。どうぞよろしくお願い致します。〜

質問者さんだけじゃなく、読者の皆さんも「肩が上がってるよ!」と、注意された事があると思います。肩が上がっていると「首がキレイに見えない」というのもありますが、踊る時に大きな問題が出てきます。
左右で肩の高さの違いがあると、体重のかかる線(軸)がズレて、体幹(下部)や殿筋、ハムストリング、内転筋、大腿四頭筋などに影響が出ます。つまり肩の高さが左右で違うと脚が弱くなったり、バランスが悪くなってしまうんです。
片側の肩が上がる(肩の高さが左右で違う)原因を大きく分けると3つあります。

先ず1つは
【左右の肩の強さの違い】
どちらか片方の肩の力が弱いと肩の高さは変わります。弱い方の肩を補おうとしすぎて「弱い方の肩」が上がります。逆に補わないでいると「弱い方の肩」が下がります。
要するに、筋力のバランスが悪いって事です。

次に
【体幹が弱く下半身にかける体重がアンバランス】
アンディオールが左右でバラバラだと片方の骨盤が後ろに引けてしまい、体幹の片側が弱くなってしまい肩が上がってしまう事もあります。そして、下半身にかける体重のバランスがアンバランスになってしまうと、片側に余計な力が入ってしまい肩が上がります。

最後に
【骨格の問題】
ごくまれに「骨格の問題」で肩が上がる事がありますが、これは治せません….

骨格に問題がある場合は、整形外科のせんせに相談してみて下さい。
でも、大体の人は
【左右の肩の強さの違い】
【体幹が弱く下半身にかける体重がアンバランス】
の、どちらかだと思います。

何れにしても、先ずは自分の肩の位置(肩甲骨の位置)を確認してみてください。
思いっきり肩を上げて「ストン」と落とすと、自分の自然な肩の位置がわかります。
その肩の位置を基準にして、自分の身体の使い方を確認してみると問題が見えてくると思います。
全ての人に言える事ですが、
体幹を鍛えてアンディオールを見直しましょう(^_−)−☆


スポンサーリンク