綺麗な(ピッタリと膝のついた)1番ポジション

おはようございます!TOMOAKIです。
全然バレエと関係のない話なのですが、僕は野生の鳥に餌付けをしています(笑)
「セキレイ」と言う鳥なのですが、餌付けを始めてから役1年…だいぶ近くまで寄ってくるようになりました。
目標は「手のひらで餌をあげる事」です。50㎝位の距離まで近寄って来るのですが、そこから先が永い。
僕のちょっとした目標と癒しです。

どうでもいい話をすいませんm(__)m

 

 

それでは今日の質問↓

 

 

〜頑張ってるんですが、綺麗な一番ポディションができません。
膝と膝の間か閉まらないのです!〜

 
引き上げが足りないかもしれませんね!
腹筋を使って骨盤を上に引っ張り上げるような感覚で行い、アンディオールをしっかりと「脚の付け根」からやる様にしましょう。
注意するポイントとしては、お尻や太ももに力を入れない様にする事です。
これらに力が入ってしまうと、脚は内側に入ってしまうので、力を抜く様にして下さい。
そして内腿ですが、これも力を入れると脚は内側に入ってしまいます。内転筋と言うくらいなので。
内腿(内転筋)の使い方は、グッと力を入れるのではないです。
足底筋を使って脚(大腿骨)を骨盤から引き離し、腹筋(腸腰筋)を使って骨盤を上に引っ張り上げ、内転筋を「引き伸ばして」使います。

この使い方の練習はタンジュなどがいいと思います。
この様に筋肉が使えていれば、真っ直ぐで綺麗な筋肉のついた脚になり、1番でピッタリと膝同士はくっ付くと思います。
力任せにグーっと膝を中に押し込もうとすると逆効果です。

ゆっくり少しづつ身体を変えていきましょう!

頑張って下さいね(^_−)−☆


スポンサーリンク