綺麗なアラベスクを目指して

おはようございます!TOMOAKIです。

 

バレエの代表的なポーズとして『アラベスク」と言うポーズがあります。

世界の有名ダンサー達のアラベスクは、本当に軽やかで美しいですよね。

力技ではあの美しいアラベスクは出来ないです。しっかりとした基礎力があって、やっと美しくポーズをとる事が出来ます。

今日はそんなアラベスクに関しての質問です。

 

それでは今日の質問

 

〜二十歳の大学生です。

高校から始めたバレエにハマり、今も週3でレッスンに通っています。私は背中が硬くてアラベスクが上がりません。背中や腰のストレッチも頑張っているのですがなかなか上がる様になりません。何かアドバイスを頂けると嬉しいです。宜しくお願いします。〜

 

先ずは後ろのタンジュからですね。

タンジュの段階で太ももやお尻に力が入っていては脚は上がりません。

後ろにタンジュをする時は「足裏全体を使い床を舐めながら小指側側面で床の面を薄く削る」ように意識しましょう。

脚を後ろへ出そうとすると、アンディオールをしようとして上げる脚側の骨盤を大きく開いてしまう人が多いです。まずは両側の腰骨は水平でしっかりと前を向かせ、正確に後ろへタンジュをする事を大事にしましょう。

すべてはそこからですね!

正確にタンジュが出来ると足裏や内腿の筋肉を使って脚を上げる事が出来るので、楽に脚は上がると思います。

このブログで何度も書いている事になるのですが、アラベスクの上半身は「後ろのポールドブラ」です。

腰から反るのではなく、肩甲骨から下は真っ直ぐに保ち「胸椎で上半身を起こす」様に練習しましょう。

綺麗なアラベスクを目指して頑張って下さいね(^_−)−☆


スポンサーリンク