image

綺麗なつま先を実現させる為には?

おはようございます!TOMOAKI です。

バレエをやっているのに「脚が太い」人いますよね…と言うより、自分で脚を太くしている人が多いと思います(汗)
何やるにしても「太もも」を使うから太くなるんです。よく、「太ももを使わないようにするにはどうすればいいですか?」と言うような質問を頂きますが、そんな皆さんに共通する事があるとすれば、
【使うべき筋肉を使う事が出来ない】
ですね。だから1番使いやすい「太ももを使うんです。
そして「太もも」を使うから「使うべき筋肉」が使えなくなるんです。
その悪循環から抜け出す方法は1つ。
【使うべき筋肉を鍛える事】です。

1度その「悪循環」に陥ってしまった人は、バレエを踊りながらではその「使うべき筋肉を使う事」はほぼ出来ませんね。バレエレッスン以外の時間で使えるよう「トレーニング」するしかありません。

今日の質問↓

〜こんにちは、突然すみません。いつもツイート見ています!
相談なのですが、ポワントを履いた時つま先が伸びません。自分で言うのも何ですが、全く甲が出ていないわけではありません。バレエシューズだとそこそこ伸びているのですが、ポワントになると力を入れているのに全然伸びているように見えません。
どうすれば、綺麗に伸びて見えるようになるのでしょうか?〜

実際に見てないので何とも言えませんが、つま先を伸ばす時に何処に力を入れていますか?
質問文の内容からすると、質問者さんはおそらく足の裏を使っているつもりで「ふくらはぎ」を使っているのだと思われます。
そして、足指を丸めてしまっていると思われます。
ふくらはぎを使って足を伸ばすと、足首が骨で突っかかり、あまり伸びません。そしてそれを無理やり伸ばして見せようと「足指」を丸めてしまっているんですね。
もともとの骨格で甲が高い人もいるので、この様な身体の使い方をしていても、シューズの時は綺麗に見えるのでしょう。でも、ポアントを履いたら足指は隠れて見えませんので、伸びて見えないのだと思います。
まず「足の甲」は指先を伸ばして、足全体で弧を描くようにして作ります。
そのアーチを作る力は

・足指を真っ直ぐ伸ばす力
・土踏まずを甲側へ押し上げる力

で作らないといけません。
ふくらはぎや足首ばかりに力を入れると、「カマ足」になりやすいし、太ももを太くする原因になりますので注意しましょう。

と言う事なので、レッスン以外の時間を使って「足底筋」を鍛えるしかないと言う事です(^_−)−☆


スポンサーリンク