img_6930

立つと足裏のアーチが崩れる…

おはようございます!TOMOAKIです。

 

 

バレリーナの皆さんは知っている事だと思いますが、足裏には「3つのアーチ」があります。

・横のアーチ

・内側のアーチ

・外側のアーチ

今回は、この3つのアーチ1つ1つの「崩れると起きるトラブル」を少し書いておきますね。

 

【横のアーチが崩れると…】

足の横幅が広がってしまい「開張足(かいちょうそく)」になる可能性があります。

足の横幅が広がって足指のつけ根あたりに負荷がかかるので、そこに「タコ」や「ウオノメ」が出来やすくなるみたいです。

そして、開張足が進むと「腱(けん)」が足指を引っ張る方向が変わってしまうので、親指が曲がって変形する恐れもあります。「外反母趾」になるという事ですね。

 

【内側のアーチが崩れると…】

土踏まずが潰れて「扁平足(へんぺいそく)」になってしまいますね。

土踏まずが無い状態では、ジャンプなどの衝撃を吸収し辛くなりますよね。そして、足が疲れやすくなってしまい、長時間立っていられなかったり歩けなかったり…。

ふくらはぎや足裏が痛くなる事が多いです。

 

【外側のアーチが崩れると…】

かかとが外側に倒れやすくなります…。

3点支持が上手く出来なくなり足部のバランスが不安定になります。そして、疲れやすくなります。

 

皆さんの足裏は如何でしょうか?

今日は、そんな「足裏」に関しての質問に答えます。

 

 

それでは今日の質問↓

~座っているときは足裏のアーチがあり、ショートフットなどもできますが、立つとアーチが潰れてしまいます、、、どうすればいいのでしょうか。~

 

 

足裏のアーチを支えているのは、「筋肉」と「靭帯」です。

「立つとアーチが潰れる…」という事は、単純に筋力不足ですよね。頑張ってエクササイズで鍛えるしかありません。

引き続き「ショートフット」を続けて下さい。あと、日常生活の中にもトレーニングを組み込むとより良いと思いますよ。

例えば、歯磨き中に「踵上げエクササイズ」、お風呂でお湯に浸かりながら「足指グーパー」、テレビを見ながら「タオルギャザー」など、とにかく「足裏を意識した日常生活」を続ければ、比較的早く効果が現れて来ると思いますよ。

頑張って鍛えて下さい(^_−)−☆


スポンサーリンク