img_6958

甲のストレッチばかりする人へ

おはようございます!TOMOAKI です。

先日、僕のクラスでもレッスンが始まりました。知り合いのFacebookの投稿を見ていると1月2日から始まっていた教室もあったみたいなので、僕の所は遅いくらいだったかもしれませんね。
身体がなまっている人もいるかと思いますが、怪我をしないように、無理をしないように…今年も楽しいバレエ生活を満喫しましょう!

それでは今日の質問↓

〜初めまして。中学一年生でバレエ歴10年のものです。先程の甲を出す事についてのツイートを拝見させて頂きました。私は甲が全くなく、甲出しきという海外のトレーニンググッズのようなもので毎日トレーニングしています。これは効果的ではないですか?もし、効果的な甲の出し方などがあればお教え頂けたら幸いです!〜

美しい甲はバレリーナの憧れですよね。
美しい足の持ち主で特に有名なのは、やはり「ザハロワ」でしょうか。皆さん思い浮かべると思います。
彼女の「甲の出し方」は物凄く美しいですよね。動画でも度々紹介されています。彼女の足をよく観察してみると、普通の人は全く動かせないような関節がしっかりと曲がっています。バレエをやっている皆さんでも、これらをしっかりと可動させる事が出来る人はあまり見ません。
その関節の名前は「リスフラン関節」と「MP関節」といいます。地道なトレーニングを積む事で少しずつですが動くようになってきます。
僕がよく言う「距骨」を前方に滑り出させるように…と言うのが、この事を言います。
 
質問者さんが使っているのは「甲出しスティック」でしようか。おそらくそうだと思います。
関節を曲げる「ストレッチ」をするもので、あれをやったからといって「甲」がどんどん出てくる訳ではないですね。
必要なのはその形をキープする筋肉と、それをコントロールする神経ですね。
やらなくてはいけない事は、足指と足底筋のトレーニング。
たまに見ますよね。甲のストレッチばかり気にする人。でも「足指」と「土踏まず」の訓練が出来てない状態で甲の柔軟性ばかりを高めると、ポアントで立った時に外腿側へより大きな負担を掛けてしまう事になり、捻挫などをしやすくなってしまいます。
ストレッチと足裏の訓練はバランス良くやるようにしましょうね(^_−)−☆


スポンサーリンク