image

無理をしないで病院に行きましょう

おはようございます!TOMOAKIです。

 
少し前の話になりますが、ある地方の新聞社の方から連絡?と言うより質問を頂きました。記事にしたい事がインターネットでもあまり乗っておらず、調べても解らないので、何でも知ってそうな僕に連絡をしたとの事でした。
皆さんの質問には「僕の知っている限りの情報や知識」で答えていますが、解らない事があったら僕もインターネットや本などで調べます。何でも知っているスーパーマンになりたいのですが、まだまだ僕も知識不足…。
頑張って勉強して何でも直ぐに答えられるようになろうと思います。
バレリーナの皆さん。これからもよろしくお願い致しますm(__)m

 
それでは今日の質問↓

 

〜こんばんは。
1週間程前、シソンヌをした時につま先を伸ばしたまま着地してしまい、親指に全体重が乗りそのまま転けました。この時、スタジオにいたみんなに聞こえるくらいのバキッという音が親指付け根からしました。
しかし、腫れはしませんでした。ただ、親指に力が入らず、反らせると付け根が痛く、曲げようとしても痛いです。
今は歩くのが少し困難です。
時間がなく病院には行けれていません。
このまま親指が動かなくて、バレエを踊れないと思うと怖くて仕方ありません。
動かせないことにもイライラしてしまいます。
病院に行った方が良いのでしょうか。もしこのまま治らなければやはりバレエはもう無理なんでしょうか。
拙い文章ですみません。〜

 

 

 

骨折や靭帯に損傷がある場合は腫れると思うので、大体の人は「何かヤバいかも…」と思って病院に行きますよね。
しかし、質問者さんのように腫れていない場合は「そのうち治るでしょ」と思って放っておく人もいます。
骨にヒビが入っているかもしれませんね。早急に病院に行きましょう。
そんな状態ではまともに踊る事は出来ないですよね。痛い所をかばい身体の他の部分にも影響が出てきてしまいます。
ケガがケガを呼び、最終的には「踊れない」状態もなりかねません。
レッスンを休んで病院に行き、「適切な処置」をとりましょう。
レッスンだけがバレエの練習ではないです。
ストレッチ、筋トレなどレッスン以外にもやる事は盛りだくさんです。

僕の生徒だったら、レッスンを休ませて体幹のトレーニングなど、「身体能力を高める時間」に使わせます。

無理をしないで、とりあえず病院に行きましょう!バレエは逃げませんので(^_−)−☆


スポンサーリンク