image

正しいスプリッツとは?

おはようございます!TOMOAKIです。

 

なんだか「やる気が出ない時」ってありますよね。僕も(は)時々あります。
ダラダラ過ごして後から後悔する時もありましましたね。
まー人生って、そんな事の繰り返しで出来ているのですが、やっぱり「意味のない時間」は極力減らしたいものです。
人間なので、どうしても「ずっと頑張りっぱなし」ではしんどくなってきます。時々「ゆっくりする時間」もないと段々と精神的にも肉体的にも苦しくなってきます。
僕の知人は、その事(たまにゆっくり過ごす事)を「ガス抜き」と言っています。

ダンサーの皆さんも、適度に「ガス抜き」を行い、日々の勉強や仕事、レッスンを頑張って下さいね。
僕はつい最近ガス抜きをしたばっかりなので、気持ちを切り替えて全力で頑張ります。

 

それでは今日の質問↓

 

〜私は体が固くて、スピリッツが上手くできません。
どこの筋肉をストレッチしたら良いのですか?
また、そのストレッチの方法を教えてください。〜

 

 

先ずは「正しいスプリッツ」の方法を知っておきましょう。

正しい前後開脚(スプリッツ)は…

・前脚の膝は天井を向くようにする
・前脚の膝はしっかりと伸ばす
・後脚の膝は床を向くようにする
・後脚の膝もしっかりと伸ばす
・骨盤を立てる
・背中をしっかりと伸ばす
・おへそを前脚の方向に向ける

この辺りを意識して行うようにして下さい。

ストレッチをするといい部分として、「脚の裏の筋」「脚の付け根」が挙げられます。

先ず「脚の裏の筋」のストレッチ方法ですが、仰向けになって片脚を上げ、フレックスにします。
同じ方の手で上げた足を掴み(つかめない場合はストレッチバンド、タオルなどを使うといい)胸ではなく肋骨を開くイメージで息を吸い、口で息を吐きながら脚が胸につくようにストレッチしていきます。この時骨盤が床にちゃんとついているようにしましょう。

次に「脚の付け根」のストレッチ。
スプリッツをした状態で前の脚を曲げて床に着きます。
鼻から息を吸い口で息を吐きながら前脚に体重をかけます。
この時に注意しなければならないのが骨盤の位置が左右一緒である事、前脚が真っ直ぐである事、体が床に対して垂直である事、後ろ足を内股にしない事です。

頑張って毎日行いましょう(^_−)−☆


スポンサーリンク