本番で上手く踊れない

おはようございます!TOMOAKIです。

 

「練習では出来るのに本番では上手くいかない…」
どんなに練習で出来ていても、何故か本番で失敗してしまう事ってあると思います。それらの主な原因は「気持ちの問題」ですね。
バレエって身体中の筋肉の1つ1つに意識を集中し、コントロールしていかなくてはいけません。そのような状況下で気持ちが不安定だと筋肉達が言う事を聞いてくれません。僕もそんな経験を沢山して来ました…。

皆さんはどうでしょうか?

 

それでは今日の質問↓

 
〜おはようございます。
いきなりすみません^^;
わたしは4歳からクラシックバレエを15年間やっていて、バレエの先生を目指している者です。
現在とあるバレエ団の公演の作品練習をしているのですが最近振り付けにあるピルエットが全く回れなくなってしまいました。
思えば、去年の公演直前もピルエットが回れなくなりました。おそらく普段は心がリラックスした上で勢いで回ってしまっているのだと思います。いつでも変わらず安定して回れるようになる為の体幹トレーニングなどがあれば教えて頂きたいと思いメッセージを送りました。長文失礼しました。もしよければお返事お願いいたします^^;〜

 

舞台やコンクールなどの本番で力んでしまい、上手く出来なくなるのはよくある事。
対策は1つ。「練習あるのみ」です。
練習する時に「本番をイメージ」してやるといいと思います。

体幹のトレーニングはオーソドックスな「フロントブリッジ」や「サイドブリッジ」がオススメです。

頑張って下さい(^_−)−☆


スポンサーリンク