1C006D1F-28D6-46CD-B22A-75E62D3D0129

寄付されました!!

おはようございます!TOMOAKIです。

先日、皆さまから募ったバレエ用品がフィリピンの【ペリーバレエスクール】に寄付されました。続いて他のバレエスクールにも寄付されるそうですが、そちらは年明けになりそうです。バレエ用品を寄付するにあたり、現地のバレエスクールに繋いでくれた日本人の御夫妻様に心から感謝申し上げます。
ペリー先生とスクール生の方達は大変喜んでいたとの事です。写真は近々SNSにアップする予定です。
皆様からのバレエ用品はまだまだ届いております。そろそろ第2弾も発送しようと思います。日本のダンサー達の「愛」を沢山の方々に届けてあげたいですね!
僕は日本人でよかったです。

それでは今日の質問↓

〜質問です…
踊っていて身体を上手く使えなくて(大きく動けなくて)全体的に硬く小さい踊りになってしまっているのですが、どういう事を意識したらいいですか…?
身体を柔らかく使いたいです。
柔軟性も必要ですかね…?〜

もちろん柔軟性も必要になってきますが、硬くて小さい踊りになってしまう一番の原因は、「身体に力が入っている」事だと思います。
力を抜いて踊るようにするといいかもしれませんね!
ただ「力を抜く」と言っても、全身フニャフニャにして踊れって言う事ではないです。意識を身体の外側から内側に向けると言う事です。
「上手く踊ろう!」「早く動こう!」と、意識すればするほど身体に力が入ってしまい「硬くて小さい踊り」になってしまう人は多いと思います。
内側の筋肉(インナーマッスル)で踊れるように、体幹のトレーニングもしっかりやりましょう!

とにかく「力を抜いて踊る」事を意識して踊ってみて下さい(^_−)−☆


スポンサーリンク