image

回転の時に必要な「顔をつける」という事について

おはようございます!TOMOAKIです。

 

 

ピルエットやピケターンなどの「回転」をする時に「気をつけなくてはいけないポイント」って沢山ありますよね。

今日は、そんな「回転をする時に大事なポイント」の1つ…

「顔をつける事」に関しての質問に答えます。

 

 

それでは今日の質問↓

 

 

~こんばんは!

以前から悩んでいたのですが、私はターンの時に上手く顔が付けられません。そのため、2.3回程度なら大丈夫なのですがスタジオの端から端までピケターンをする時に目が回ってしまいます。 

一点を見つめてゆっくり回るという顔をつける練習をしているのですが、ギリギリまで耐えて首をきったのに見つめている一点まで顔が回りません。どうしたら良いでしょうか?何かアドバイスをいただけたら嬉しいですm(__)m~

 

 

 

前にもブログで書いた事があると思いますが、回転の時に顔が付けられない人の特徴として、「毎回違うタイミングで顔を付けている」という事が挙げられます。

タイミングよく顔をつける練習をすると良いかも知れませんね。

例えば「右回りで回転」する時は…

①左肩がみえるまで顔を残す

②左肩がみえた(アゴの下にきた)段階で右肩をみる

こうすると顔がつけやすいですよ。是非試してみて下さい。

あと「首そのものが回らない」という人もいますね。

これは、背中の上部分が凝っている為、背骨が使えていない事が原因として考えられます。

「普段の状態から両肩が見える」くらいにしておかないと、ピケターンなどがやり辛いですよね(汗)

もし「普段の状態で両肩が見えない」ようでしたら、首と背中をストレッチやマッサージでほぐして整え、「回転のしやすい首」を手に入れましょう。

地道な努力になると思いますが、頑張って続けて下さいね(^_−)−☆



スポンサーリンク