image

力を入れて肩を下に落とす?

おはようございます!TOMOAKIです。

 
前に、

「稽古場に行く途中に小さな車の整備工場がありそこに猫がいて可愛くて触ってた」

と言うような事を書いたと思うのですが、このあいだ知り合いのダンサーと「猫を触りに行こう」と思い、その整備工場前を通ってみた所、なんとその工場が「閉店」してしまっていました(汗)
そして、猫がくつろいでいた場所も綺麗に掃除され、何も無くなっていました。整備工場の人が餌をあげていたから、そこに猫は居着いたと思うので、工場が閉店してしまったという事は、猫ももう来ないと思われます。残念で仕方ありません(涙)
猫カフェでも行こうかな…

 

 

それでは今日の質問↓

 

〜肩甲骨を下げると肩に力が入ってしまい肩周りが筋肉痛や肩こりになってしまいます。うまく肩に力を入れずに下げるには、どのようなトレーニングが必要ですか?元の肩が上がっている体格なのでどうすればいいかわかりません、よろしくお願いします。〜

 

 
肩甲骨が上がらないよう「力を入れて肩を下に落とそう」としているんですね。
肩の位置は、1度肩を上げて脱力し「ストンッ」と落とした位置が、自分の肩(肩甲骨)の位置です。
それ以上下げようと力を入れない様に、先程書いた「脱力して落とした肩の位置」で身体を使うようにしましょう。
肩に力が入ってしまうと、肩甲骨周り(背中)や首にも力が入ってしまい、上手く動けません。
とにかく「脱力」を意識して上半身を使うように心がけましょう。
脱力した状態でアームスを動かす練習をすると良いかも知れませんね。アームスを動かす時も「肩や腕の筋肉を使って動かす」と言うより「指先から物を取りに行くような感覚」で動かすと、変な力が入らずに済むと思います。

頑張って練習して下さいね(^_−)−☆


スポンサーリンク