image

前もも前もも前もも…

おはようございます!TOMOAKIです。

 

 

毎日皆さんから頂く質問を読んでいると、
「何をやるにしても外側の筋肉ばかり使ってしまう….」と言う悩みを持ったバレリーナが本当に沢山いるんだなと感じます。
ダメだと解っていても使ってしまう…。今日はそんなバレリーナからの質問に答えます。

 

 
それでは今日の質問↓

 

 
〜小さい頃から脚をあげるときなど、すべて外ももの力であげてしまってて外ももとふくらはぎの筋肉が凄くて太くなってしまったんです。最近になって、これはダメだって分かって内ももを鍛えるやつなどをやったんですがどうしても外ももの力を使ってしまうしルルべした時などふくらはぎの力を沢山使ってしまうんです。
ネットで調べてもわからないんです。
どうすればいいんですか?〜

 

 

 

 
「脚を上げる練習」や「難しいパの練習」をする前に、先ずクッペやパッセで「しっかり正しく片脚で立つ練習」をしましょう。骨盤を傾けないようにしっかりと正しく。
正しいポジションで立っていれば、自然と内ももにテンションを感じる事が出来ると思います。
足裏の筋肉もしっかり鍛える必要があります。足裏の筋肉が使えないと、正しくつま先を伸ばす事が出来ず、ふくらはぎに頼ってしまいますので…

アンディオールのコツ?と言うか、意識の持ち方ですが、「外側に外側に!」と考えていると、どうしても外側に引っ張るような動き(外側に力が入るような動き)になってしまいがちです。
なので、「中心に寄せるように回す…」と考えると良いと思います。そうすれば力が抜け、内側がちゃんと前を向いてくると思います。

意識の違いで身体の使い方は大きく変わります。是非参考にしてみて下さい。脚を上げるのはその後です。

頑張って下さいね(^_−)−☆


スポンサーリンク