image

全ての根本的な原因… 「アンディオール」

こんばんは!TOMOAKI です。

12/24(土)クリスマスイブですね!
皆さんの頭の中は「プレゼント」で一杯ではないでしょうか(笑)
仕事をしている大人達にとって、この「クリスマス」はあまり気にしてない人が多いと思いますが、僕は子供の頃「サンタさん」を本気で信じていた位クリスマスを意識して過ごしてきました。
何よりも、プレゼントが楽しみで仕方なかったですね!それは今でもそうです(笑)
「何がもらえるのだろう…」と、大人になった今でも期待はしてしまいます。
もう親からプレゼントを貰う歳ではないので、一部の関係者の方から貰えるプレゼントを何気に楽しみにしています。

そして、本日その「クリスマスプレゼント」を頂きました!
高級品も嬉しいのですが頂いた物は「日常生活セット」。
貧乏性の僕が高級品を貰っても、あまり着用(使用)しない事をしっていらっしゃる方から頂きました(笑)。本当に欲しかった物だらけでビックリしました。
プレゼントって「あげる物」じゃなく「サプライズ感」の方が重要だと思います。
「金額」じゃなく「気持ち」をあげる事の方が重要なんだと思いました。今回頂いたプレゼントはボロボロになるまで使おうと思います(涙)。

それでは今日の質問↓

〜こんにちは。
いつもtomokiさんのツイート見て学ばせて頂いております。
質問なのですが、
私はバレエを10年以上していて、高校1年生です。毎日30分~1時間くらいストレッチしているのですが全くと言っていいほど前と横に脚が上がりません。詳しく言うと、100°くらいが限界です(汗)
アラベスクはかなり楽に高くあげることが出来るのですかどうしても前と横が上がりません。
床で寝て、脚をあげたりするのはまだ出来るのですが、バー・レッスンやセンター・レッスンになると上がりません。=立つと出来ません。
また、このような質問によく腹筋も大切と聞くので腹筋もして腹筋が無くはないと思います。
なぜ、脚が上がらないのでしょうか?
もし、何かいい方法などがありましたらぜひ教えていただきたいです。
将来バレリーナになりたいので柔軟性は必要不可欠です!ご協力お願いします!〜

文面から察するに、先ず、前と横に脚が上がらない原因は「アンディオール不足」か「筋力不足」だと思います。
身体は柔らかいようなので、「筋力不足」の方が濃厚ですね。しかも必要な筋力不足。
脚を上げた時、90度位から先は「腹筋(腸腰筋)」で上げます。太ももを使うのはそこまでです。
ここの切り替えが出来ないと、前ももばかり使う事になりすぐに限界が訪れます。
タンジュから脚を上げる時、指の腹で床を押すようにするとハムストリングスが働くようになり、前ももへの負担を軽減できますますよ!
….何にしても、前もも(大腿四頭筋強)に力が入ると脚は内転していきます。アンディオールが出来なくなるって事ですよね。

「アラベスク」も身体をひねり上体を思いっきり反れば、何となく出来てる風に見えるかもしれませんが、それは本当に正しいやり方ではないですよね。
この様な質問は、実際に見ていないので分かりません。
ですが、おそらく「前ももの使いすぎ」「アンディオール不足」が根本的な原因になっていると思います。

先ずは「起動時のターンアウト」を見直して見ましょう。
5番から脚をタンジュに出す際に、絶対に譲ってはいけない事は【両脚のターンアウト】です!!
この、脚の起動時のターンアウトが緩む人が本当に多いです。脚の起動時の瞬間のターンアウトが少しでも緩むと、脚の使う筋肉が大きく変わってしまい「太もも(大腿四頭筋)」が太くなりますし、上がりません。
脚を上げてからターンアウトをしようとしても遅いです。
ものすごく「基本的な事」だと思うかもしれませんが、全ての動きの「出来ない原因」はそこに行き着きます。

プロのダンサーですら「アンディオールは永遠の課題」と言っているのは、ここからきています。
基本的な事ですが見直す必要があると思いますよ!
頑張って下さいね(^_−)−☆


スポンサーリンク