下半身太りの原因

おはようございます!TOMOAKIです。

 

女性の天敵「下半身太り」。
気にしている女性は多いと思います。バレリーナの皆さんも悩んでいる人は多いのではないでしょうか?

一般的に下半身太りと言うと「内股」の人が多いですよね。遺伝的な事もあると思いますが、内股だと、動く時、殆ど前ももばかり使ってしまいます。結果「太ももがムキムキ」になります。
そしてお尻の筋肉があまり使われない為、脂肪がどんどん溜まって結果「たるんたるん脂肪がついた大きなお尻」になります。
そして同じく太ももの裏側の筋肉もあまり使われない状態になり、結果「脚の裏側がブヨブヨ」になります。

結果『下半身太り』になります。
怖いですよね。ただ内股なだけでこうなりますからね。
でもバレリーナの皆さんに内股の人はいないと思います。みんな「超ガニ股」です。

何故ガニ股なのに下半身太りになるのでしょうか?

 

 
それでは今日の質問↓

 
〜下半身太りはどうしたら解消されますか?
あと安定した踊りが出来るようになるには何をしたらいいですか?
時間があったら返信してください!〜

 

 

 

バレリーナの「下半身太り」と言うと..

・ムキムキの前もも
・ムキムキのふくらはぎ
・ムキムキのお尻

が原因になっている事が多いと思います。全てはアンディオールが不十分な為、それらの筋肉が過剰に発達してしまうんですよね。
先ずは、内腿も使えるようになる必要があります。そして内腿を使えるようにする為には内腿を鍛える事。そして、足底筋、腹筋(腸腰筋)を鍛える事が必要になってきます。
それらは全て「アンディオール」に繋がっています。
先ずは必要な筋肉を鍛えてあげましょう。全てはそこからです。

安定した踊りを踊る為には「体幹」がしっかりと鍛えられてる必要があります。
よく「動脚に持っていかれて上半身が安定していない人」を目にします。
体幹の筋力不足ですね。体幹を鍛えましょう。

沢山鍛える筋肉がありますが、鍛えるだけじゃ意味がありません。その筋肉達を踊りで使えるように、日々のバーレッスンでしっかりと意識して練習して下さいね(^_−)−☆


スポンサーリンク