image

下へ下へ…

おはようございます!TOMOAKIです。

 
バレエをやっている人は常に「引き上げ」を意識しているので、上へ上へと、空中に浮いたような感覚で(を目指して)踊っています。
しかし、バレエ以外の踊りでは「床を強く押す事」や「下に下に…」と意識して踊る事も少なくありません。バレリーナの身近な「他のジャンル」と言えばコンテンンポラリーが挙げられると思います。
コンテンンポラリーでもこの「床を感じる」などの感覚は必要になってきます。

 

 

それでは今日の質問↓

 

 
〜初めまして!
いつもTwitter見てます。
タップダンスをやっているんですけど、よく「腰を落とせ」と言われます。引き上げを意識した結果、気づいたらふわふわ踊ってしまうことが多いです。プロの方の踊り方を参考に踊ってみても、なんか違うなというか、やっぱりふわふわしている気がします笑 意識はしているのですが、なかなか治らないです。
後、いろいろ余裕が無くなってくると反り腰気味になってしまいます。
芯のある踊りというか、ぐらつきがない踊りをするにはやはり筋トレ、体幹トレーニングが必要でしょうか?それとも練習あるのみ!なのでしょうか。
バレエとはジャンルが異なってしまうんですが(すみません!)、長く悩んでるので…。宜しくお願い致します!!〜

 

 

 
バレエは常に「上へ上へ」と意識し、フワフワと重力を感じさせない様に踊ります。

なので、バレリーナが他のジャンルのダンスを踊ると、大抵の人は「フワフワ」してしまいます。

「引き上げ」と「床を押す下への力」を両方感じる必要があります。
もちろん体幹の筋力は必要なので鍛えておきましょう。
僕はタップダンスを踊った事がないので何とも言えませんが、他のジャンルでは「おへそ辺りを中心に引き上げも引き下げを両方やる」様に意識しています。

反り腰になるのは「引き上げ不足」という事ですね。腹筋を感じる事が出来ていないのではないでしょうか?腹筋も鍛える必要があるかも知れませんね。

お腹周り(腹筋)の使い方が、踊りに大きく関係してくると思います。

参考になれば幸いです。


スポンサーリンク