image

三角骨になってしまったら…

おはようございます!TOMOAKIです。

 

バレエを踊っている人なら誰もが憧れる、つま先まで綺麗に伸びた美しい脚

そんな「美しい脚」を目指して、皆さんは必死で練習をしていると思うのですが、レッスン中

「どんなに力を入れてもつま先が伸びない

「どんどんふくらはぎが太くなっていく

「どんどん太ももが太くなっていく

と悩んでいる人は多いのでないでしょうか。

そんな人達は、もしかしたら「身体の使い方が間違っている」のかも知れませんね。

間違った身体の使い方は脚が太くなっていく事だけではなく、大きな怪我の原因にもなってしまいますよね。

今日は、そんな「怪我で悩むバレリーナ」からの質問に答えます。

 

それでは今日の質問

 

〜こんにちは。はじめまして。

バレエを習っている16歳です。三角骨になってしまいました。まだまだこれからもっとバレエを頑張りたいと思っているのですが、手術はしないほうが良いでしょうか。

 

プロのダンサーにも三角骨で手術をした方って多いのですか?〜

手術をするダンサーもいますが、殆どの人が手術をしないで頑張っていますね。

仮に手術をしても、身体の使い方を変えない限りまた同じ事の繰り返しになるでしょう。

足の位置や立ち方、テクニックが未熟だと怪我をしやすいです。しっかりと「体幹」や「足の筋肉」を鍛えるトレーニングを積んでからトゥシューズを履く様にしないと、根本的な解決にはなりませんよね。

手術を検討する前に、ご自身の筋力やテクニックを見直す事から始めましょう。

アキレス腱を固めず、足底筋を使って足首を伸ばす様にトレーニングを頑張って下さい。これが出来るようになれば、手術をしなくても足首の痛みは治ってくると思いますよ。

頑張って下さいね(^_−)


スポンサーリンク