image

ルルベが低い

おはようございます!TOMOAKI です。

最近YouTubeで猫の動画にはまっております(笑)
あの何とも言えない表情や仕草に癒しを感じます。愛嬌がありますよね。
犬派と猫派に分かれるとすれば、僕は完全に猫派です。犬は「構ってあげないとダメ」ってイメージがありますが(違っていたらすいません)、猫は基本「放っておいても大丈夫」な生き物ですからね。1人で楽しんでますので楽チンです。忙しくて家になかなか帰れない人は、飼うなら猫がいいと思います。
僕は全然家にいないので飼うとしたら「猫」がいいですね!

それでは今日の質問↓

〜こんばんは。
突然すみません!
相談したいことがあるのですが、、、
自分が踊っているビデオなどを見るといつもすごく踵のアップが低くなっているのが気になるのですがアップを高くするためにはどういったストレッチなどをしたらよいか教えて頂きたいです。
それとよくポイントが弱いと言われるのでそれも教えて頂けると嬉しいです。お願いします〜

ルルベが低いって事ですよね。大きな原因の1つに「足裏の筋力不足」があげられます。足裏の筋肉が使えず、ふくらはぎでルルベしているのかもしれませんね。
ふくらはぎでルルベすると同時に前もも(大腿四頭筋)に力が入ります。前ももに力が入ると、脚が内側に入り、アンディオールが出来なくなります。その状態で無理やりアンディオールさせようとしてお尻に力が入ります。そしてタックインの状態になります。そうなると、背中のナチュラルアーチが崩れてしまい、腰を痛めます。そして最悪の場合「ヘルニア」になってしまいます。

何をやるにしても根本的な原因を探ってみると、結構「前ももばかり使っている」人が多いです。
何故、前ももばかり使ってしまうのかと言うと「必要な筋肉を使えていない」からになります。
何故、必要な筋肉を使えていないのかと言うと「筋肉がないから」や「アンディオールが正しく出来ていないから」になります。
要するに「正しく身体を使えていないから」と言う事です。
と言う事は、皆さんがやらなきゃいけない事は、「必要な筋肉を鍛え、必要な筋肉の柔軟性を高め、正しくアンディオールする事」になります。

実際に見ていないので何とも言えないですが、ルルベを高くしたいなら先ずは足の裏を鍛えましょう。そして腹筋を鍛えて引き上げをしっかりと意識し、内腿が使えるようにしましょう。
前ももがガチガチに硬くなってるようなら、マッサージをして筋肉を柔らかくしてあげましょう。同じくふくらはぎも。
ポイントが弱いというのも、同時に解決出来ると思います。

先は長いと思いますが、地道な努力を頑張りましょう。


スポンサーリンク