image

プロを目指すバレリーナ

おはようございます!TOMOAKIです。

 
初めて言うかも知れませんが、僕は結構「精神が弱い」です。
すぐに落ち込むしすぐに考え込む…。
強がって見せている人程、以外に「もろくて弱い」と言いますが僕は正にそれです。
だから「元気で笑顔でやる気に満ち溢れた人」と一緒にいるようにしています。
そして、いつも僕の側で「元気な笑顔を見せてくれる人」がいるのですが、本当に精神的に救われています。
この間、酷く落ち込んだ事があったのですが、その元気な笑顔のダンサーがおでん屋さんに連れて行ってくれました。落ち込んで変になってしまっている僕を救ってくれました。僕もそんな人間になりたいです。
バレリーナの皆さんが「元気で笑顔」になれるよう、僕も元気で笑顔で頑張ろうと思います。
という事で(笑)今日も質問に答えます!

 

 
それでは今日の質問↓

 

 

〜初めまして。
ともあきさんのブログ読ませていただき、沢山学ばせていただいています。
質問したくDM失礼致しました。
プロを目指し日々レッスンいます。
デベロッペの時膝と胸が付くくらい脚を上げてから膝の位置を変えず、膝から下を上げなさいと先生に教わっています。膝と胸を付けようとすると足の付け根が痛くなってしまいます。
付け根が痛くなるのはストレッチ不足でしょうか。

そしてピルエットやピケターンの時に左右どちらとも右肩が上がってしまいます。
下げなさいと言われ、自分なりに肩甲骨を下げてみたり色々試し、意識しているのですが鏡を見るとやはり右肩が上がっています。
動画を撮ってみてわかったのですが、顔をつけようとしているのか顔が左斜めに曲がって回っていました。
この場合何がいけないのでしょうか。

もう一つ、クッペの時はかま足にならないのですがパッセになるにつれ足のどこに力を入れればいいのかわからなくなり、かま足になってしまいます。
どこを意識すればいいのでしょうか。
ぜひ良ければ、小指側のアーチの鍛え方教えてくれませんか。
長文失礼致しました。
よろしくお願い致します。〜

 

 

 
実際に見ていないので何とも言えませんが、脚の付け根が痛いのは「腸腰筋」が硬くなってしまっている事が原因かも知れませんね。
腸腰筋をストレッチしてみて下さい。

①伸ばしたい側の脚を後ろにひき片膝立ちになる

② その状態からおヘソを前に突き出すように上体を動かします
(上体が前に前傾すると腸腰筋が伸びないので、上体は真っ直ぐに起こしたまま行いましょう)

ピルエットの練習ですが、「回ろう!!」と意識しすぎてしまい身体に力が入っているのかも知れませんね。
1周回らず「4/1回転」→「半回転」と、段々回転数を増やしていく練習がおススメです。
顔は真っ直ぐに保ち、肩を落とし…意識し続けるしかないですね。
ピルエットも3回転位までは、回ると言うより「立つ」という意識でやると良いと思いますよ。

パッセにしてもクッペにしてもタンジュにしても、つま先の伸ばし方は一緒です。
足首やふくらはぎに力が入ってしまうと、カマ足やバナナ足になりやすいです。
つま先を伸ばす時は、足首やふくらはぎに力を入れて伸ばすのではなく、足指(親指と小指)に力を入れて遠くに引っ張る感じです。
足裏を感じながらつま先を伸ばす練習をしましょう。
小指側のアーチを鍛えるのは「ショートフット」が良いと思います。
ショートフットのやり方ですが、指を広げて地面から浮かせ、広げたまま親指から小指まで順番に地面につけていきます。逆も一緒。小指から親指までも行いましょう。

頑張って下さいね(^_−)−☆


スポンサーリンク