image

ピルエットやフェッテを上手くこなす為には?

おはようございます!TOMOAKIです。

 

ダンサーは踊りを踊る前に「ウォーミングアップ」と言うものを行いますよね。

軽い準備運動から入り、だんだんと動きを大きくして身体を解していきます。

そして、そのウォーミングアップの段階で、自分の「その日のコンディション」が大体わかりますよね。

最近僕は、このウォーミングアップの時に「自分の身体じゃない様に感じる事」が多いです。筋肉、筋膜が上手く解れていないようで、踊っていても何だか身体がバラバラに暴れてしまい、上手くコントロール出来ない様な感覚です。

疲れているのだと思います。そして「身体のケアが出来ていない」のだと思います。

少し自分の身体を労ろう

皆さんも、疲れていたり怪我をしていたり、疲労が溜まっている様なら、是非、自分の身体を大事に大切に「労って」あげて下さいね。ダンサーは身体が資本なので。

 

それでは今日の質問

 

〜初めまして!

質問したいことがあったのでDMさせていただきました!

トウシューズでピルエットやフェッテを多くの回数、綺麗に回るために必要な筋肉の鍛え方ってありますか?〜

 

トゥシューズでピルエットやフェッテを安定してこなす為には、「軸を安定させる為のトレーニング」が必要になりますよね。

先ず、上半身が暴れないように「背中」や「アームス」「腹筋」への意識は忘れないようにしましょう。

脇の下の筋肉、腹筋(腸腰筋)、脊柱起立筋などを鍛えると良いと思います。

脇の下の筋肉は(前鋸筋(ぜんきょきん)」を鍛えるといいと思います。この筋肉は、肩甲骨の裏側から肋骨の前方に走る筋肉で、肩甲骨の動きに関わるだけでなく「呼吸の補助」をする役割も持っています。

是非鍛えてあげて下さい。

前鋸筋のトレーニングは、肘を伸ばしたままで肩甲骨を寄せたり広げたりする「変形腕立て伏せ」が効果的です。

そして次に、軸を安定させる為には、動脚や上半身につられて動いてしまう事のない「強靭な軸脚」が必要です。

「軸脚の筋力不足」が原因でピルエットやフェッテが安定しない人が多いように思います。

プリエやタンジュだけではなく、毎日行っている「バーレッスン」を、とにかく正しくしっかりと「反復して行う事」で、軸脚、動脚の筋力は自然とついてくると思います。

ですので、トゥシューズでピルエットやフェッテを多くの回数、綺麗に回るために必要な筋肉の鍛え方は「バーレッスンを反復して行う事が1番良い」と言うのが僕の答えになります。

頑張って下さいね(^_−)


スポンサーリンク