ビールマンのポーズをとる為に知っておくべき事

おはようございます!TOMOAKIです。

 

皆さんは『ビールマン』というポーズを知っていますか?

フィギュアスケートなどで、よく「ビールマンスピン」と言う技を見ますよね。あのポーズです。

出来るとカッコいいですよね!

今回は、そんな「ビールマン」に関しての質問に答えます。

 

それでは今日の質問

 

〜新体操でよく見るビールマンポジションのまま回る技の名前は解りますか?もし知っている様なら教えて欲しいです。

後、その技をする為に知っておいた方がいい事などがあればそちらも教えて欲しいです。宜しくお願いします。〜

 

確か「バックルターン」だっと思います。

ビールマンポジションを取ろうする時「腰と背中」だけで頑張ろうとしてしまうと、怪我をしやすいので注意が必要です。

ビールマンのポジションを取ろうとするなら、「縮める筋肉」と「伸ばす筋肉」「支える筋肉」を理解しておく必要がありますよね。

先ず「縮める筋肉」は、肩周りの筋肉、腰、背中の筋肉、お尻の筋肉、太腿の裏側の筋肉です。

これらの筋肉は、普段は伸びている状態が多いので、こまめにストレッチを行い、固まらないようにケアをしておきましょう。

次に「伸ばす筋肉」ですが、これは「腹筋」「股関節周りの筋肉」「太腿」ですね。

これらの筋肉は、普段から縮んでいる状態が多い筋肉です。普段のストレッチでしっかり伸ばしてあげましょう。

最後に「支える筋肉」。

これは「脚の筋肉」と「体幹」ですね。

ビールマンのポジションは普通に床の上でポーズをとるだけでも大変です。

脚の筋肉で身体を支え、体幹でバランスをとります。

しっかりとトレーニングで鍛えましょう。

ビールマンのポジションは、そう簡単に取れるようなものではありません。

無理をして身体を壊さないように、注意しながら練習して下さいね(^_−)−☆


スポンサーリンク