image

パンシェが上手く出来ないのなら…

おはようございます!TOMOAKI です。

最近よく「パンシェ」について質問を頂きます。
皆さん苦戦していらっしゃるようなので、今日はパンシェについて少しお話したいと思います。

先ずパンシェをする上でもっとも重要な事として「安定したバランス」があります。
アラベスクから足を上げて、普通の人からしたら「ありえない状態」までもっていく訳なので、普通の人からしたら「ありえないバランス力」が必要になってきます。なので、先ずはアラベスクの状態で安定してキープ出来るように練習しなければいけません。
そのアラベスクで骨盤の状態がおかしかったり、動脚側に上体が取られてしまっていると安定して立つ事は出来ないので、そんな人は「基本から見直す」必要があります。
アラベスクがしっかり出来てから、少しづつ脚を高く上げていきましょう。
少しづつ少しづつです。

そして、初心者にありがちなミスとして、「上体から前に倒していく」人がいますが、それは違います。
パンシェの上体は、「脚が上がるから上体が倒れる」のであって、上体を倒してから脚を上げるのではありません。
アラベスクの上体の【頭から背中、上げた脚へと続く体のライン】はパンシェになってもキープし続けましょう。「アラベスク・パンシェ」と呼ぶ意味はここにありますので。

この「パンシェ」を綺麗にやる為に、どんな練習をする必要がありますか?とよく聞かれます。これはバレエ全般に言える事ですが、必要なのは、「柔軟性」と「筋力」です。
柔軟性があっても筋力がないと脚がキープ出来ないし、筋力があっても柔軟性がないと脚は上がりません。
アラベスクと一緒で、パンシェも「脚の付け根部分」と「太ももの内側」をストレッチすると上げやすくなると思います。

パンシェで脚が上がらない…と思っているのなら、まずは必要な筋力、必要な柔軟性、正しく身体を使えているか?を、今一度確認し、見直してみましょう(^_−)−☆


スポンサーリンク