image

バレリーナなら誰もが羨む「二重関節」

おはようございます!TOMOAKIです。

 

バレリーナなら誰もが羨む二重関節。

でも、そんな「二重関節のバレリーナ」にも悩みってあんるですよね。

今日はそんな二重関節のバレリーナからの質問に答えます。

 

それでは今日の質問↓

 

~私は二重関節で脚はたくさん上がるのですがアンディオールは苦手です。ストレッチ方法など教えていただけたらうれしいです~



二重関節と言われる人達の関節は、「普通の人なら何ヶ月間(何年間)も必死で努力して出来るようになる動き」が、何も苦じゃなく動く事が出来ます。

そして、訓練をする事で、一般人には到底出来ないようなポーズをとる事も可能になります。

中国雑技団の人達や新体操の選手には「絶対条件」と言ってもいいくらいだと思います。フィギュアスケートの選手やバレエダンサーも「必修」ではないですが、身体の条件としては「圧倒的に有利となる」と言うことは間違いないと思います。

でもその反面、一般の人の身体では動くはずもない範囲まで関節が動いてしまうので、「怪我をしやすい身体」とも言えるでしょう。

二重関節であるなら、しっかりと「身体の使い方」を知っておく必要がありますよね。

アンディオールは股関節から脚を外旋させて行います。前ももではなく「内もも」がしっかりと使えていないと、股関節からの外旋は難しいです。

ストレッチをするなら「前もも(大腿四頭筋)」ですね。前ももの筋肉が硬くなっていては内ももを上手く使う事は出来ませんし、アンディオール出来ません。

ストレッチとマッサージで「前もも」の筋肉を柔らかくしましょう。

僕のオススメの「前ももストレッチ」を書いておきます。出来るだけ毎日行うようにしましょう。

①壁を背にして片脚の膝を床につけ、その脚の足先の甲を壁につける

②反対の脚を前に出して上体を起こす

③後ろ脚の付け根を30秒伸ばす

(反対側も同様に行う)

これを行う事で、股関節の前側と前腿がしっかりと伸び、太ももへの力みが軽減すると思いますよ!

頑張って下さいね(^_−)−☆


スポンサーリンク