image

バレエダンサーの理想の筋肉の付き方とは?

おはようございます!TOMOAKIです。

 

空気が乾燥していますね!
僕は扁桃腺持ちなのですぐに喉をやられます。なのでこの時期「マスク」が必需品です。寝る時もマスクをして寝ます。
皆さんも風邪をひかない様自分なりにしっかりと対策をとっておきましょう。風邪をひいて辛い思いをするのは自分なので…。

 

それでは今日の質問↓

 
〜こんばんわ。
只今筋トレに励んでいるのですが、バレエダンサーとしての理想の筋肉の付き方はどのような付き方ですか?また効率的なトレーニング方法などがありましたら、教えていただきたいです。〜

 

 

プロのバレエダンサーは必要のないモノを全て削ぎ落とし、貧相に見えないように「付くべきところにしっかりと筋肉がついた身体」をつくり、それを維持する為に日々の努力を怠りません。
「理想の筋肉の付き方」と言うモノを一言で表現する事は出来ませんが、強いて言うなら…

「ガリガリだけどムキムキ」

と言った筋肉の付き方でしょうか。

効果的なトレーニングの方法と言うののも「何処をどの様に鍛えるのか?」によってトレーニング方法は様々なので答えようがないですが、こちらも強いて言うなら…

「軽い負荷で長く続けるトレーニング」

が、望ましいと思います。
あまり負荷を掛けすぎると、外側の大きな筋肉がどんどん膨らんでいってしまいますので。

バレエダンサー(特に女性のダンサー)はインナーマッスルを鍛えるのと同時に、脚を付け根からしっかりと180外旋させる事により、身体の裏側で動きを支えながら踊ります。
そして、呼吸を使い身体を限界まで柔軟に使います。

とにかく「アンディオール」が大事なんですよね。プロになっても永遠の課題としている人が多いと思います。

文書がまとまらずすいません。
少しでも参考になれば幸いです。


スポンサーリンク