image

バレエダンサーに多い「股関節」の痛み

おはようございます!TOMOAKIです。

 

 

私事ですが、最近踊り過ぎで身体がバッキバキです。

最近「身体のケア」をする時間をあまりとっていない様な気がしますね。

長く踊っていられるよう、「踊りの練習」だけではなく、しっかりと「自分の身体のコンディションを整える練習」もしようと思います。

若いダンサーの皆さんは「多少無理をしても身体は動いてくれる」と思いますが、無理だけはしないよう、「身体のケア」も練習だと思って取り組んで欲しいと思います。

 

 

それでは今日の質問↓

 

 

~こんばんは

はじめまして。相談(質問?)です

1週間位前のレッスンで股関節を痛めてしまいました。90度でドゥバンからアラセゴンにした時に筋を痛めたような感覚がありそれ以来ストレッチは大丈夫なのですが足をあげるときに痛みます。解決方法などはありますか?~

 

 



 

バレエダンサーに多い「股関節の痛み」ですが、痛みが出る場所は様々です。

外側なのか内側なのかお尻の下辺りなのか…。痛い場所によって原因や対策は変わってきますので、何ともアドバイスし辛いものがありますが、「脚を90度に上げた状態でドゥバンからアラセゴンにした時に痛めた」という事は、恐らく股関節の外側を痛てしまったのだと思われます。

「ストレッチする時は痛まない」という事を考えると、筋肉の使いすぎが原因で筋膜を痛めてしまったのだと思われます。

用は「太もも(前もも)の使いすぎ」です。しっかりと足裏と内腿を使って脚を使えるように(コントロール出来る様に)トレーニングしましょう。

先ずは痛みを取る事から始めましょう。

大腿筋膜張筋(だいたいきんまくちょうきん)のストレッチです。

①痛い方の脚を後ろに伸ばし、反対の脚を前に出します(膝の角度は90度くらい)

②体を曲げている側に向かって大きくひねります

③痛気持ちいいくらいの所でそのまま1分間キープ

頑張って下さいね(^_−)−☆


スポンサーリンク