image

トゥシューズに足が吸い付いている必要があります

おはようございます!TOMOAKIです。

 

 

バレリーナは「トゥシューズ」を履いて踊ります。

そんなトゥシューズですが「靴を履いて踊る」と言う感じではなく、自分の身体と一体化する様に「身体の一部」として使える様にする必要があります。

それは、「サイズの合ったトゥシューズを履く」と言う事だけではなく、「自分の身体や踊り方にあったモノを使いこなせる事」が必要だと言う事ですよね。

今日は、そんな「トゥシューズ」に関しての質問に答えます。

 

 

それでは今日の質問↓

 

 

~トウシューズと足が一体化してるように見える踊りを踊るにはどうしたらいいですか?~



トゥシューズに足が吸い付いている必要がありますね。

トゥシューズのなかの足指は丸まってしまわない様に真っ直ぐに伸ばしましょう。

土踏まずを上に押し上げる様に足底筋を使い、踵を引き上げましょう。

トゥシューズの中で足が遊んでしまっていては、「靴を履いて踊っている様」に見えてしまいます。

しっかりとトゥシューズに足が吸い付く様に、「足指と足裏を鍛えて使える」様にしましょう。

足指、足裏の筋力はあればあるほど良いと言う事ですね。

頑張って鍛えましょう(^_−)−☆


スポンサーリンク