image

ジャンプ中の膝の向きについて

おはようございます!TOMOAKIです。

 

 

真面目に猫が飼いたい僕は、最近本気で「ペット可」の所に引っ越そうかと考え、インターネットで物件をみています。

ペット可の所って最初にかかるお金も高いし、家賃や管理費も少々お高めですよね…。

でも、毎日猫がいる生活の為には仕方ないのかな…。

すいません、独り言です(笑)

 

 

それでは今日の質問↓

 

 

~はじめまして。質問させて頂きます。

前後開脚の時、前脚の膝は上向き、後ろ脚の膝は下向きでやるように言われているのですが、前後に脚を上げてジャンプする時の後ろ脚の膝は横に向いていても大丈夫なのでしょうか?~

 

 

 

 

後ろ脚の膝は横に向いていても大丈夫です。

前後開脚(スプリッツ)はストレッチ。

主にハムストリングス、大腿四頭筋、腸腰筋をストレッチするものです。

なので、それらの筋肉を伸ばす為に「前脚の膝は上向き」「後ろ脚の膝は下向き」で行います。

バレエはアンディオールをしますので、骨盤が前に向いた状態で前後に脚を上げてジャンプをする時、後ろ脚の膝は横に向いてるのが自然な形になります。

ジャンプ中、後ろ脚の膝が完璧に真横を向く人はそうそういないと思いますが、膝の向きが真下になるなら、それは完全にアンディオール不足だという事です。


スポンサーリンク