image

グランジュテとグランパディシャを綺麗に飛ぶ為に必要な事

おはようございます!TOMOAKIです。

 

 

グランジュテやグランパディシャで「綺麗に脚を開く事」って、結構…と言うか、かなり難しい事だと思います。

「どうすれば優雅でダイナミックに魅せる事が出来るんだろう…」

と、悩むバレリーナって結構多いと思います。

今日は、そんな「グランパディシャ」や「グランジュテ」についての質問を紹介します。

 

 

それでは今日の質問↓

 

 

~こんばんは。

いつもTOMOAKIさんのツイートを見て、日々レッスンに励んでいます。

相談なのですが、スプリッツもきちんと地面に着き、グランバッドマンの時も後ろはちゃんと上がるのですが、グランジュッテorグランパデシャの時はどうしても後ろ足が上がりません。

前足と上半身はしっかりと上に跳んでいるのに、後ろ足だけついてこれません。

筋力が足りないのでしょうか?

お時間がありましたら、お返事をお願いいたします。~



後側になる脚(軸脚)がパラレルに入りがちな人って結構多いです。踏み切る時に軸脚がパラレルになっていると、飛ぶ時に「前もも」を使う事になってしまいます。

前ももの筋肉が硬くなるとアンディオールが出来ませんよね。アンディオールが出来ていないと、脚は後ろに上がりません。

空中でしっかりと脚を開けるように、軸脚はしっかりとアンディオールするようにしましょう。

スプリッツが180度開いても、空中で180度開くのって、結構難しいですよね。スプリッツの時は自分の体重で負荷をかけて開く事が出来ても、空中では「脚の力のみ」で脚を開かなくてはいけません。

ですので180度以上開ける様になっていないと、空中での180度は結構難しいです。

スプリッツをする時、前脚や後脚に本などを置いて、200度以上開ける様にしておくと良いと思います。

綺麗なジャンプ目指して頑張って下さいね(^_−)−☆


スポンサーリンク