image

カエルストレッチについて

おはようございます!TOMOAKIです。

 

バレリーナの皆さんは「アンディオール」をする為に、とにかく試行錯誤して頑張っていますよね。

「ストレッチ」にしても「トレーニング」にしても、アンディオールをする為には、とにかく色々な方法があります。

今日はそんな中から「カエルストレッチ」に関しての質問を頂いたので、ブログで共有したいと思います。

 

それでは今日の質問

 

〜こんばんは。

質問なのですが、私は股関節が硬いのでカエルストレッチを毎日やっていたところ、自分でもかなり柔らかくなったと感じているのですが、アンディオールがあまり開きません。

どうすればアンディオールが開くようになりますか?教えて下さると嬉しいです。

宜しくお願いします。〜

 

先ずは、カエルストレッチをするならうつ伏せではなく「仰向け」で行いましょう。

身体の出来上がっていない状態(筋肉が硬い状態)でそのストレッチをしてしまうと、股関節と大腿骨が擦れあってしまい、骨盤や大腿骨が故障してしまいます。

うつ伏せのカエルストレッチは、大腿骨を骨盤に押し込むだけなので、「アンディオールをする事とは関係ない」です。

アンディオールをする為には、股関節にスペースを作る必要があります。

この「スペース」を作ってあげないと、大腿骨の大転子部分が骨盤に当たってしまい、アンディオールが出来ません。

ですので、股関節にスペースを作る為に、「腹筋(腸腰筋)で骨盤を持ち上げる」と言う事と、「足裏(足底筋)を使って脚を骨盤から引っ張る」と言う事が必要になって来ます。

アンディオールをする為に「足裏(足底筋)を鍛える事」と「腹筋(腸腰筋)を鍛える事」が重要なのはその為です。

頑張って鍛えて下さい(^_−)


スポンサーリンク