image

イメージしながら動く事

おはようございます!TOMOAKIです。
今日は、自分が踊ったり振り付けをしたりすると言った「ダンサーとしての仕事」ではなく、それらを「監修(コーデイネート)」するという様な仕事で、あるリハーサルに参加しました。

・振付師の「振付けのセンスの良」さや「時間配分」「ダンサーへの配慮」
・ダンサーの「集中力の高さ」や、踊りそのものの「レベルの高さ」
などに恵まれ、しっかりとした内容の濃い時間となりました。
やっぱり「プロ」と呼ばれる人達は「踊りが上手いだけ」ではないんですね。(どの仕事にも当てはまる)
考え方や行動が「プロ」なのだと実感。
「類は友を呼ぶ」とはよく言ったものですよね。僕も「プロの仲間入り」になるべく「考え方や行動」をプロにしなきゃ!と思いました。

 

 

それでは今日の質問↓
〜はじめまして。
ジャズを習ってるのですが、体づくりでバレエも習っています。
最近体の使い方がわからなくなってしまい、すごく力を使ってバーレッスンなどしてしまっています。
そして足がカチカチになって太くなってしまいました。
1番の足で立った時点で太ももの外側がカチカチです。
アドバイスなどあれば教えてください。〜

 

 
アンディオールを太ももの力でやろうとすると、筋肉がガチガチに硬まってしまいにアンディオールが出来ません。太ももの力は抜きましょう。
そして同時に「お尻にも力が入っている」と予想出来ます。「タックインしている」と言う事です。お尻の力も抜きましょう。

あえて「力を入れる場所」を挙げるとすれば、それは足裏(足底筋)と腹筋(腸腰筋)ですね。
足裏(足底筋)に力を入れて脚を骨盤から引き離し、腹筋(腸腰筋)で骨盤を上へ持ち上げる様な感覚。
最初はイメージするだけでいいと思います。
そうやって「イメージしながら動く事」で、内転筋を引き伸ばして使う感覚が得られると思います。

なかなか難しいとは思いますが、意識して練習していかないと、いつまでたっても根本的に「身体の使い方を変える事」は出来ません。

少しずつ頑張って変えていきましょう(^_−)−☆


スポンサーリンク