image

アンディオールをしようと考えた時どんな意識で身体を使っていますか?

おはようございます!TOMOAKIです。

 

「アンディオールをしよう!」と考えた時、皆さんはどんな意識で身体を使っていますか?

 

それでは今日の質問

 

〜先生にアンディオールしてと言われるので、頑張って膝を外に向けようとするとそれではタックインしているから駄目だと注意されます。どうすればいいですか?〜

 

先ず「タックイン」とは、骨盤の下部が前に滑り出し、仰向けで寝た時に作られる背中の「ナチュラルアーチが無くなる状態」の事ですよね。

わかりやすく言うと「背中全体が床にピッタリついている状態」の事です。

アンデオールしようと考えた時、質問者さんの様に「膝を外に向けよう!」「かかと前に押し出そう!」と頑張ると、この様な状況に陥りやすいです。

例えば「プリエ」をする時

ドゥミプリエグランプリエと、どんどん膝は外に開いて行くのですが、起き上がってドゥミプリエから「膝を伸ばそう」とすると、お尻がギュっとなりアンデオールがきつくなりますよね。これはお尻(大殿筋)に力を入れるから起こる現象と言うよりも、

アンデオールを「膝を外に向ける事」と思うから起きる現象です

「膝を外に向けよう」とすると、つま先を外に向ける為にかかとを前に押し出す事になります。

そうする為には、お尻の下の部分で脚を前に押すしかなくなるので「骨盤がタックイン」してしまうんですね。

骨盤がタックインすると、お尻の肉は当然押し潰されるし、脚は「内向きになろう」とします。

よく思い出してみて下さい。

アンデオールは膝を横に開いたり前に押したりする動作ではないです。


アンディオールは「脚を付け根から外旋させる事」です。

参考になったかな?

頑張って下さいね(^_−)


スポンサーリンク