image

アラベスクで腰が痛い

こんばんは!TOMOAKIです。

ハロウィンの発表会のリハが今日から始まりました!
振り写し初回からこれだけ踊れると、本番が楽しみになりますね。前にも書きましたが、振り付けを覚えてからがリハーサルです。
細かい部分の修正やニュアンスの出し方など..僕の「イメージ」にどれだけ近づけるかが、踊り手の仕事?っていうか「役割り」です。
本番まで気合い入れてビシバシやって行こうと思います!

それでは今日の質問↓

〜初めまして。大人からバレエを始めた初心者です。先日のレッスンでアラベスクをしている時なのですが、先生が脚をぐいっと持ち上げた瞬間に腰に痛みを感じ、今でも少し痛みます。どうして腰が痛くなるのでしょうか?
娘もバレエをやっているのですが、やっぱりアラベスクをした時に少し腰が痛いと言います。腰が痛くなる原因がわからないので、少し不安です。
何か原因があれば教えて頂きたくメッセージをさせていただきました。〜

よくありますよね(汗)
教師が何かの形を正させる為に「グイッ」とやる…
「この脚はここ!!」みたいな感じですかね。そのせいで怪我をする生徒も沢山います。これはやってはいけないですね!僕の生徒も外部のレッスンを受講した際に、これ(グイっ)をやられて、股関節を痛めて帰ってきました。
同じ教師として恥ずかしいです。何とかそんな先生には「勉強」をして頂きたいものですね…

質問者さんも娘さんも痛い場所は「腰」。でも、世間一般で言われる「腰痛」と違いますよね。バレエの動きをする上で腰に負担がきているから痛いって事ですよね!
先ずは

・どの動きが腰の痛む原因になっているのか?

これらをチェックし、直すことが出来れば痛みはなくなっていきます。

質問者さんも娘さんも「アラベスク」をした時に腰が痛いとの事なので、先ずはこちらをチェックしてみてください。

・アンディオール(ターンアウト)
・肋骨が上がってない
・肩甲骨が凝り固まってる

先ずは「ターンアウト」がしっかりと出来ていないと話になりません。股関節の動きが途中で止まってしまいます。そして、そこから無理に脚を上げようとすると、腰の辺りの筋肉が無理な動きをしてしまい腰を痛めます。足の付け根を痛め安い人もこれが原因な場合が多いと思います。

次に「肋骨が上がってない」。
バレエは重力に逆らった動きが多いです。その為には肋骨の引き上げが大事になってきます!
これが上手く出来てないと肩甲骨の重さを腰がダイレクトに受けてしまい、さらに、アラベスクをしようとして「腰を反ろう…」とする事で「ピキッ!」と痛めます(涙)。

最後は「肩甲骨が凝り固まってる」です。
肩甲骨が固まってると、そもそも腕が伸ばせません!!でも「頑張れば伸ばせるけど?」と思った人。
それは背中の筋肉(広背筋)を使って伸ばしているんです…
何が言いたいかわかりますよね?
つまり、肩甲骨が凝り固まってると腕を伸ばす時に背中を痛めやすくなります。
 
腰痛への影響度は

ターンアウト>肋骨>肩甲骨

この3つが大丈夫なら、腰痛は大分なくなってくると思います(^_−)−☆


スポンサーリンク