image

やっぱりデブロッペだと脚が上がらない…

おはようございます!TOMOAKIです。

 

僕は健康の為に夜たまに自炊をするのですが、自炊って安くて美味しくて、健康的にもとても良い事なのですが1つだけ問題がありますよね。

それは「食べ過ぎてしまう」という事です。

これは自炊する事がどうこうと言うより、だだの僕の問題なのですが、何だか作り過ぎてしまって全部食べてしまう。

野菜とお肉だけで何も味付けしないので、基本太らないように料理しているのですが(ただ切っただけ、焼いただけ、茹でただけ、レンチンしただけ)食べ過ぎはあまり良くないですよね。

何だか「自分に負けている」感じですね。反省してます。

「健康の為に自炊する」と言う部分では自分に勝った気がしていましたが、自炊とは「食べ終わるまでの事」ですね。

「適量食べた」と言うところまでが「自炊」と言う事ですね。

また今日も「自炊」と言う「自分との戦い」に挑戦しようと思います。

どうでもいい話をすいませんm(__)m

 

それでは今日の質問

 

〜初めまして。いつも楽しく拝見させていただいます!

質問なのですが

グランバットマンでアラセゴンは140度以上上がるのですが、デブロッペになるとそこまで上がりません(汗)

どうしたらいいでしょうか。〜

 

勢いをつければ脚は上がります。多少筋肉の使い方が違っていても、上半身がブレていても、アンディオールが出来ていなくても、勢いで誤魔化かす事は出来ますよね。

でも、それがゆっくりになると誤魔化しが効きません。しっかりとアンディオールが出来ている状態、前腿ではなく内腿が使えている状態、筋力、柔軟性などが「出来ているか?」という事が露骨に現れます。

先ずは膝を限界まで上げます。

そして、膝を伸ばす時に「お尻の付け根部分」と「内腿」の筋肉を使って脚を持ち上げるように意識します。

次にアティテュードを通過する時にターンアウトをしっかりと保つ様に意識しましょう。

ターンアウトが甘くなって、動脚のお尻が上がってしまっている人が多いように思います。

この2つをしっかりと意識して行えば、比較的楽に脚は上がると思いますよ。

脚を上げる時、前腿に力が入ってしまうようなら絶対に脚は上がらないので中止しましょう。

筋肉が正しく使えていない状態では、いくら頑張って練習してもただの無駄な努力です。

極端な言い方をしましたが、これは本当にそうだと思います。

とにかく「内腿」を意識して練習して下さい。

何度も言います。

「内腿」です。

頑張って練習して、正しく綺麗に脚が上がるようになって下さいね(^_−)


スポンサーリンク