image

ふくらはぎを使わないで踊る?

おはようございます!TOMOAKI です。
バレエダンサーって細いように思われますが、実際は「ガリガリ」ではなく「筋肉マン」です。
細くて柔らかく、しなやかな筋肉マンです。
男性も女性も同じ。なので「太くなるから筋トレしない」と言うのは違いますね。鍛えられてないと脚を上げてキープもできないし、グランフェッテも回れない。もちろん高くジャンプも飛べません。
バレエのレッスン自体が「筋トレ」のようなものではあるのですが、それだけではなく、しっかりとした「筋トレの時間」を作るようにしましょう!
もちろん「ストレッチの時間」「マッサージの時間」もね。

 

それでは今日の質問↓

〜DM失礼致します。いつも楽しくツイッター見させていただいてます!
他の方が質問されていたら申し訳ないのですが……ふくらはぎがバリバリ運動している男の子たちより太いです。筋肉がすごくついていて……先生方にはふくらはぎ使わないでと言われますがふくらはぎを使わないで踊る方法がわかりません。どうしたらふくらはぎをできるだけ使わずにルルベやジャンプができるようになるのでしょうか……〜

 

ふくらはぎを全く使わないで踊る事は不可能です。先生の言う「ふくらはぎを使わない」は「極力使わない様に」と言う意味です。
ルルベアップする時に足首に力を入れたり、つま先を伸ばす時に足首で伸ばそうと頑張ってしまうと、この「ふくらはぎ」はどんどん発達していってしまいます。
対処法は「足裏を使う」ですね。
足底筋(土踏まず)を鍛えて、つま先を伸ばす様にすれば、ふくらはぎの問題は解決すると思います。

ちなみに「ふくらはぎ」に力が入ると、同時に「前もも」にも力が入ってしまいます。逆も一緒です。そしてアンディオールも出来なくなり、膝も曲がってしまいます。
バレエの主役は「アンディオール」ですよね。
先ずは足裏を鍛えて使える様にしましょう(^_−)−☆


スポンサーリンク