img_6946

どうすれば高くて綺麗に「優雅」なジャンプが飛べるのか?

おはようございます!TOMOAKIです。

 

ジャンプが上手い人って憧れますよね。上手い人のジャンプは本当に高くて綺麗で、とても「優雅」に見えます。

どうすればあんなに優雅に飛ぶ事が出来るのか

今日はそんな「ジャンプ」に関しての質問に答えます。

 

それでは今日の質問

 

〜こんにちは、質問なのですが、私は今スワニルダの第一幕のバリエーションを練習しているのですが、途中のグリッサードグランパドシャのところが腰が浮かず、グランパドシャは前の脚が上がらず、後ろの脚ばっかり上がってしまいます

時間があれば、解決策など教えて頂ければ光栄です。〜

 

「グリッサード」は大きいジャンプをする時の助走としてよく使われますよね。

あくまでも「助走」なので、グリッサード自体にあまり「高さ」は要求されません。それよりも滑らかにプリエをして「重心移動」を行い、次にくる大きなジャンプの為に「力を溜めておく事」が重要になってきます。

グリッサードのポイントは「両脚をしっかりと伸ばす事」です。左右で脚が伸びるタイミングは少しズレますが、この「脚をしっかりと伸ばす事」が出来ていない人って結構多いと思います。膝が曲がったままドタバタと音を立てない様に、滑らかに行いましょう。

グランパドシャですが、これも助走の段階から注意しなくてはいけません。しっかりと身体が引き上がっていないとスムーズに高く飛ぶ事が出来ません。

グランパドシャに入る前のプリエで上体を落としてしまうと、身体は宙に浮き上がりません。しっかりと引き上げを行いましょう。

ジャンプをする時に、「脚を開こう!」と力んでしまい、脚の付け根や太ももに力が入っていませんか?もし、そんな状態になっている様でしたら脚はしっかりと開いてくれませんよね。脚は内転してしまいますので。

脚を開く時は「足の甲」を意識して飛ぶといいと思います。天井から糸で足の甲を引っ張り上げられている様な感覚で飛ぶと、脚は軽くなり自然と開く様になると思いますよ。

最後に、グランパドシャの様に横に移動するパでは「後脚がパラレル」になりがちです。踏み切る時に後脚(軸脚)がパラレルに入ってしまうと、飛ぶ時に前ももを使う事になってしまいます。そうなると脚は上がりませんよね。高いジャンプを無理なく行う為にも、踏み切る時の軸脚は、しっかりと外側に向ける様に(アンディオールする様に)意識して下さい。

頑張って下さいね(^_−)


スポンサーリンク