image

くるぶし外側がズキズキする…

おはようございます!TOMOAKIです。

 

 

バレエを踊っていると殆どの人が直面するであろう「怪我」の問題。

多少の痛みなら我慢してしまう「バレリーナの根性」も素晴らしいものがあると思いますが、「頑張る事」と「無茶をする事」は違いますよね。

今日はそんな「怪我」に関して悩むダンサーからの質問に答えます。

 

 

それでは今日の質問↓

 

 

~はじめまして

初めてDM送らせて頂いております。

左足首のくるぶし外側がいきなりズキンと痛みました。

1ケ月は整骨院に通っていて、マッサージなどをしてもらい、痛みの大きさはちいさくなったものの

レッスン中に踊っていて突然ズキンときてびっくりします。

軽く足をついただけでズキンとなる時があります。

いつズキンとくるかビクビクします。

原因がわからず、本当に困っています。

このまま、頻度が多くなり踊れなくなるのではと不安です

整骨院でも治療はしてくれますが原因がわからない様子です、

何か聞いたことがある症状であれば教えてください。~



 

内反捻挫(ないはんねんざ)かもしれませんね。

足首は小さな骨が集まっていて、それらを太くて短い靭帯で支えています。

足の裏を内側に強くひねってしまう事で起こりやすい捻挫です。

外側の靭帯に負荷がかかり、その靭帯が損傷してしまうと、外くるぶしの周りに痛みが出てきてしまいます。

とにかく、痛みが治まるまでは無理をして動かない方が良いと思います。

痛みが治まってからも、いきなり無理をしない様にリハビリから始め、少しずつ身体を元に戻していくようにして下さいね。

「休む事」も練習の1つです。

どうか無理だけはしないようにして下さい。


スポンサーリンク