image

「肋(あばら)を締める」ってどう言う事?

おはようございます!TOMOAKIです。

 

 

皆さんはレッスン中に「肋(あばら)を締めて」と言われた事はありませんか。

よーく考えると「具体的にどうすればいいのか?」が、かなり疑問ですよね。

今日はそんな「肋を締めて」と言われ、悩んでいるバレリーナからの質問に答えます。

 

 

それでは今日の質問↓

 

 

~「肋を締める」とよく言われますが、仕組みがイマイチ分かりません。どのように意識したら良いでしょうか。~

 

 

 

「肋を締めて」と言われると言う事は「肋が開いて見える」という事ですよね。

でも先生は、人間の身体の構造上「肋が開いている」と言っている訳ではなく、肋が開いて見えるから「肋を締めて」と言っていると思っても良いと思います。

肋骨は背骨にくっ付いていますので、背中が丸まっていたり、体幹の筋力不足等で姿勢がキープ出来ていない時に、肋が開いて見えます。

他にも、「後ろ重心」や「でっ尻」「タックイン」なども肋が開いて見える原因になります。

例えば、後ろ大事だと足の小指側に体重が乗ってしまいバランス取ろうと背中が丸まってしまい肋が開きやすくなります。

「肋を締めて」と言われた時に、みぞおちや脇に力を入れてまう人が多いと思いますが、その様な意識だと肩が上がってしまいやすいので、僕はあまりお勧めしません。

意識するべきは「背中」です。

肩の力を抜き、肩甲骨を下に下げ、出っ尻やタックインに注意し「背中のナチュラルアーチを崩さない様に意識」してみて下さい。

頑張って下さいね(^_−)−☆


スポンサーリンク