image

「前もも」について書いたので読んで下さい

おはようございます!TOMOAKIです。

 
毎日質問を読んでいて、最近目立つ質問があります。それは『太もも(前腿)ばかり使ってしまう』『前もも(前腿)が太い』と言った内容です。
日本のバレリーナのかなりの方々が「前もも」について悩みを持っているみたいですね。今日はその中の1つをシェアしようと思います。

 

それでは今日の質問↓

 

〜夜遅くにすいません。
いつも、ツイート参考にさせていただいたり、元気をもらったりしています。
最近、ピルエットをするとき、足をあげるときなどに外ももの筋肉を使ってしまいます。やめようと思ってもなかなかそうも行きません。どうすれば内腿の筋肉をつかるのですか。やはり筋肉を鍛えた方がいいんですかね。良ければ教えていただきたいです。〜

 
アンディオールが不十分な状態だと、どうしても前ももばかり使ってしまう事になります。
膝下アンディオールにならないように、しっかりと脚の付け根から外旋させるようにしましょう。
前もも(大腿四頭筋)に力が入ってしまうと脚は内転してしまいます。脚を付け根から外旋する為に必要な筋肉は、腹筋、足底筋、内転筋群なのですが、この「内転筋」も力を入れると縮んで固まり、脚は内転していってしまいます。内転筋と言うくらいなので…。

なので、腹筋と足底筋がポイントになるんです。
先ずは、腹筋(腸腰筋)を使って骨盤を持ち上げる事。
そして、足底筋を使って脚(大腿骨)を骨盤から引き離し、内転筋を「引き伸ばして使う」事が出来るようなる必要があります。
前ももに力が入ると、骨盤と大腿骨がガッチリとはまってしまい、脚は内側に入った状態で固まってしまいます。
その状態で無理して動くと「腰」を痛めてしまう事にもなりかねません。
先ずはアンディオールをする為のトレーニングを頑張ってみてはいかがでしょうか?

・腸腰筋の筋トレ
・足底筋の筋トレ
・硬くなった前ももをマッサージで柔らかくする
・タンジュで内腿を感じる練習

頑張って下さいね(^_−)−☆


スポンサーリンク