image

「出っ尻り」「反り腰」はデメリットしかありませんね

おはようございます!TOMOAKIです。

 

腰痛の原因の1つである「出っ尻り」「反り腰」バレリーナの皆さんは、普段から物凄く姿勢を気にしていると思うのですが、意外と出っ尻りや反り腰になっている人って多いと思います。

あまり、自覚症状がない事が多いのですが、放っておくと色々とデメリットしかありません。

1度自分の姿勢を見直してみましょう。

今日は、そんな「出っ尻り」に悩むバレリーナからの質問に答えます。

 

それでは今日の質問

 

〜こんばんは。

私は出っ尻に悩んでいます。生まれつきの骨格でそうゆうかたちなのは仕方が無いですが、少しでも出っ尻を直したいと思ってます。

ためになるストレッチなどあったら教えて欲しいです!

お願いします!〜

 

出っ尻りを改善させる為には色んなアプローチの方法がありますが、僕が第1にやった方が良いと思うのは「腹筋(腸腰筋)を鍛える事」です。

腹筋を鍛える事で骨盤が前傾してくるのを抑える事が出来ます。

そして太もも(大腿四頭筋)の中の「大腿直筋」と言う筋肉が硬くなってしまうと、ハムストリングスとのバランスが崩れ、骨盤が前傾しやすいです。

ストレッチ、マッサージでしっかりと解してあげましょう。

ストレッチをするなら「キャットバック」がおススメです。

背中や腰の凝り固まってしまった筋肉を解すエクササイズ。猫が背中を伸ばす様子をモデルに考案されたエクササイズで、身体の自然なS字カーブを取り戻す事が出来ると思います。地道に毎日続けて下さい。

①肩とももの付け根から床に垂直になるように手と膝をつき四つばいになる

②四つばいの姿勢から背中を丸めるように天井へ引き上げる

(この時に息を細く吐きながらおへそをのぞき込むようにする)

背中が丸められる事で背骨にそった脊柱起立筋をストレッチする事が出来ます。

③今度は息を吸いながら背中を反らし胸郭をストレッチします

(天井を見るように目線を上げ首を前にのばしていきます)

交互に繰り返し10回を3セット

出っ尻り、反り腰は放置すると慢性的な腰痛や下半身太りに繋がりやすいです。

日々のストレッチやトレーニングで予防・改善していきましょう。

頑張って下さいね(^_−)


スポンサーリンク